1. ホーム »
  2. 製品一覧 »
  3. P-Pointer EXA

P-Pointer EXA
ピーポインター エクサ


ピーポインター エクサ

マイナンバーセキュリティならイーセクター

ファイルサーバ特化型 個人情報監視ソフト『P-Pointer EXA』とは

ファイルサーバ内の個人情報ファイルを高速で検索しレポートする、リアルタイム型の個人情報ファイル検出ソフトです。P-Pointer EXAを利用することで、ファイルサーバ内のどこにどのような個人情報が存在するかを簡単に把握することができるようになります。

リアルタイムスキャン!

常にリアルタイムにファイルサーバを監視・自動検出

個人情報を見逃さない!

人名・地名・電話番号・メールアドレスやクレジットカードなど10種以上の検出用辞書を搭載。既存辞書を編集したり、オリジナルの辞書を作成することも可能。
さらに、拡張子や監査対象フォルダなど詳細な設定により高精度な検出を実現

管理者は手間いらず!

スケジュール設定により、全自動で運用可能

監査対応でパワーを発揮!

PCI DSS準拠や各種監査対応では、機密情報の洗出しや把握は必須です。意図しない場所に機密情報が置かれていないかを管理者はきちんと把握することができます

クライアントPCの個人情報検出ツールもあります!

P-Pointer製品のラインナップとして、2種類あり。
P-Pointer製品のラインナップ

統合ログ管理製品との連携可能!

統合ログ管理製品「Logstorage(ログストレージ)」と連携することで、「Logstorage」がサーバアクセスログを収集する際、「P-Pointer EXA」が検出した個人情報データと突き合わせ、アクセスされたファイルが個人情報を含むかどうかのマークをアクセスログに付加できます。 この仕組みにより、「個人情報を含むファイル」へのアクセスログのみを抽出することができ、適切かつ効率的なログの監査を実現可能に!
統合ログ管理製品「Logstorage」はこちら!
Logstorage

システムイメージ

ピーポインター エクサ

活用例

動作環境
対応OS 【P-Pointer EXAインストール先】
Windows XP , Windows Vista , Windows 7 , Windows 8 , Windows Server 2003
Windows Server 2008 , Windows server 2012 , 各エディション対応
【監視対象サーバ】
Windows XP、 Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2003
Windows Server 2008、Windows server 2012 各エディション対応
及び上記OSにマウントできるサーバ環境(Mac+Samba、Unix・Linux+Sambaなど)
*32bit / 64bit両対応
ハードウェア 【P-Pointer EXAインストール先】
CPU:Intel 互換1.0 GHz 相当(2.0 GHz 以上推奨)
メモリ:1GB 以上(2GB以上推奨)
HDD:512MB 以上の空き容量+結果データの容量
※結果データはお客様のデータ保有量によって異なります。
その他 【P-Pointer EXAインストール先】
.NET Framework 2.0 以上
  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

マイナンバーを含む「特定個人情報ファイル」の管理