1. ホーム »
  2. 製品一覧 »
  3. eSECTOR DB 監査

eSECTOR DB 監査
イーセクターデービーカンサ


※eSECTOR DB 監査は「SSDB 監査」の販売名称です。

eSECTOR DB 監査は、GUIベースの簡単操作が可能なデータベース監査ソリューションです。
監査ログ取得設定から分析・レポーティングまでを実現。監査のためのテンプレートを提供し、高度な専門知識を必要とせず、簡単に高精度なデータベース監査を行うことができます。
データベースの監査機能を利用する仕組みにより、ログの取得漏れ・取りこぼしの心配もありません。汎用性のあるレポート機能、スケジュール設定のため運用も簡単で、企業の内部統制強化を支援します。

マイナンバーセキュリティならイーセクター

製品紹介

企業にとっての重要な情報資産を管理するデータベースは、外部からの脅威だけでなく内部からの脅威にもさらされています。
データベース監査とはデータベースに対して行われた操作を記録し、あらかじめ定められたルールに違反することなく正しく運用されているかを分析・レポートすることです。
データベース監査により、以下の効果が見込めます。

特権ユーザの操作も、取りこぼしなく完全記録

データベース監査にとって最も重要なことは、データベースに対して行われた操作を完全に記録することです。eSECTOR DB監査はデータベースが標準で持つ監査機能により取得したログを利用することで、漏れのない監査を実現します。

テンプレート活用で高度な専門知識が不要

監査ログの出力にかかわる設定(監査ポリシー設定)をはじめ、全ての操作をGUIベースで設定可能で、多くのイベント設定項目から、お客様の必要とする監査内容に合わせ任意に選択・設定することはもちろん、標準で提供するテンプレートの活用により、高度な専門知識を必要とすることなく監査ポリシーの設定が可能です。
また、事前の作業申請との突合せや、監査証跡として活用できる多数のレポートテンプレートを提供し、お客様のデータベース監査業務の効率的な実施を支援します。

監査ログ利用型(DB監査)のメリット、デメリット
DB監査イメージ

クリックをすると、大きな画像をご覧頂けます。(別窓が開きます。)

このページの先頭へ
機能概要・特徴(導入メリットを含む)

監査対象データベースの登録から監査ログの取得条件の指定までGUIで設定が可能です。データベースの詳しい知識を必要とせず、簡単操作で運用負荷を抑えることができます。
2種類のポリシーテンプレートの利用で、お客様の要件に応じた監査ポリシーの設定も容易に行うことができます。

監査ログレポート出力

■ 出力形式
レポートの出力形式は以下の種類に対応しています。
・XML・CSV・TIFF・PDF・Webアーカイブ・Excel
■ スケジュール設定
レポートはスケジュール設定で、指定の時刻に自動出力することも可能です。
■ アラートメール送信
不正な操作等があった場合の早期把握のための対策として、あらかじめメール通知ポリシーを設定し、そのポリシーに違反があった際、指定のアドレスへメール送信することが可能です。
■ 監査ログの転送機能
監査対象データベースから収集した監査ログをCSV形式でFTPにより転送することが可能です。統合ログ管理ツール等との連携も容易に行えます。
製品コンポーネント

eSECTOR DB監査は、監視対象データベースに対する監査ログ取得設定と実際に取得されたログの収集・転送を行う『eSECTOR DB監査Logger』と収集したログを蓄積・分析する「eSECTOR DB監査Report Manager」の2製品により構成されます。

eSECTOR DB 監査 Logger for Oracle Oracle Database対応の監査ログ取得モジュールです。

■ 監査ポリシー設定機能
Oracle Databaseに対し、GUIベースで監査ポリシー設定が行えます。
■ ログ収集・転送機能
指定のタイミングで監査対象データベースから監査ログを収集し、「eSECTOR DB監査Report Manager」への転送を行います。取得したログをcsv形式で統合ログ管理製品等にダイレクトでFTP送信も可能です。

eSECTOR DB監査 Logger for SQL Server Microsoft SQL Server対応の監査ログ取得モジュールです。

■ 監査ポリシー設定機能
Microsoft SQL Serverに対し、GUIベースで監査ポリシー設定が行えます。
■ ログ収集・転送機能
指定のタイミングで監査対象データベースから監査ログを収集し、「eSECTOR DB監査Report Manager」への転送を行います。取得したログをcsv形式で統合ログ管理製品等にダイレクトでFTP送信も可能です。

eSECTOR DB 監査 Report Manager データベースより収集した監査ログを蓄積・分析するモジュールです。

■ レポート作成機能
レポートに必要な項目をGUIから選択・設定し、レポートテンプレートを選択することにより、わずかな作業でレポートの作成が可能です。 出力形式はXML/CSV/TIFF/PDF/Webアーカイブ/Excel形式に対応しています。
■ レポート出力スケジュール設定
出力スケジュールは対象期間、時間帯(月/週/日/時間)で指定可能です。
■ メール通知機能
あらかじめ設定したポリシーに違反があった際、管理者へのメール通知を行います。
このページの先頭へ
製品構成例

標準的な構成例

DB監査 標準的な構成例

異種データベース混在環境

DB監査 異種データベース混在環境

統合ログ管理製品との連携

DB監査 統合ログ管理製品との連携 このページの先頭へ

仕様・対応機種

eSECTOR DB監査 Logger for Oracle

■ 監査対象データベース 動作環境
OS Windows Windows Server 2003
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008
UNIX IBM AIX Version 5.3
SUN Solaris 10
Linux Red Hat Enterprise Linux 4
Red Hat Enterprise Linux 5
DB Oracle 9i Database Release2(Standard Edition One以上)
Oracle Database 10g Release1(Standard Edition One以上)
Oracle Database 10g Release2(Standard Edition One以上)
Oracle Database 11g Release1(Standard Edition One以上)
Oracle Database 11g Release2(Standard Edition One以上)※1
※1: 2011/06/01現在では、11.2.0.1.0まで検証済みです。今後のバージョン適用についてはご相談ください。
空きハードディスク容量 500MB 以上を推奨(監査ログデータ量に依存)
■ 導入サーバ 動作環境
CPU Intel Xeon 又は 互換CPU 2.8GHz以上
メモリ 4GBを推奨(32bit版)
8GB以上を推奨(64bit版)
空きハードディスク容量 10GB以上を推奨(監査ログデータ量に依存)
OS Windows Server 2003 Standard Edition以上
Windows Server 2003 R2 Standard Edition以上
Windows Server 2008 Standard Edition以上
Database Oracle Database 10g Release2(Standard Edition One以上)
OSがWindows Server 2003 R2の場合はPSR10.2.0.2以上
OSがWindows Server 2008の場合はPSR10.2.0.3以上
Java Java SE Development Kit (JDK) 6 Update 18
JDBCドライバ ojdbc6.jar(11.2.0.2.0)
orai18n.jar(11.2.0.2.0)
ネットワーク 同一施設内における、LAN環境の使用を前提とし、以下のプロトコルが許可されていること。
・FTP接続
・SSH接続
その他 ◆Oracle JobSchedulerの実行アカウントは、Administrator権限を持つユーザアカウントが必要となります。

eSECTOR DB監査 Logger for SQL Server

■ 監査対象データベース 動作環境
OS Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows 2000 Advanced Server
Windows XP Professional
Windows Server 2003
Windows Server 2008
SQL Server SQL Server 2000 Workgroup Edition 以上 ※1
SQL Server 2005 Workgroup Edition 以上 ※2
SQL Server 2008 Standard Edition 以上
◆SQL Sever の実行アカウントは「ドメインユーザアカウント」でAdministrator 権限を持っている必要があります。
※1: 2009/12/01 現在では、SP4 まで検証済みです。
  ※2: 2009/12/01 現在では、SP1 まで検証済です。
今後のサービスパック適用についてはご相談ください。
空きハードディスク容量 500MB 以上を推奨(監査ログデータ量に依存)
■ 導入サーバ 動作環境
CPU Intel Xeon 又は 互換CPU 2.8GHz以上
メモリ 4GBを推奨(32bit版)
4GB以上を推奨(64bit版)
空きハードディスク容量 250GB以上を推奨(監査ログデータ量に依存)
機器の信頼性を向上させるため、RAID1での構成を推奨しています。
OS Windows Server 2003 Standard Edition 以上
Windows Server 2008 Standard Edition 以上
ソフトウエア SQL Server 2005 Standard Edition 以上
SQL Server 2008 Standard Edition 以上
◆SQL Sever/SQL Server Agent の実行アカウントは「ドメインユーザアカウント」で Administrator 権限を持っている必要があります。
ネットワーク 同一施設内におけるLAN 環境の使用を前提とし、以下のプロトコルが許可されていること。
・Windows ファイル共有
・SQL Server TCP/IP 接続

eSECTOR DB監査 Report Manager

■ 導入サーバ 動作環境
CPU Intel Xeon 又は 互換CPU 2.8GHz以上
メモリ 4GBを推奨(32bit版)
8GB以上を推奨(64bit版)
空きハードディスク容量 500GB以上を推奨(監査ログデータ量に依存)
OS Windows Server 2003 Standard Edition以上
Windows Server 2003 R2 Standard Edition以上
Windows Server 2008 Standard Edition以上
Windows Server 2008 R2 Standard Edition以上
Database SQL Server 2005 Standard Edition 以上
SQL Server 2008 Standard Edition以上
SQL Server 2008 R2 Standard Edition以上
◆SQL Sever/SQL Server Agentの実行アカウントは「ドメインユーザアカウント」でAdministrator権限を持っている必要があります。
.Net Framework .Net Framework Version 2.0
ネットワーク 同一施設内における、LAN環境の使用を前提とし、以下のプロトコルが許可されていること。
・Windowsファイル共有
・FTP接続
その他 SQL Server Agentの実行アカウントはAdministrator権限を持つユーザアカウントが必要です。
  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ