1. ホーム »
  2. 製品一覧 »
  3. eSECTOR SGateX

eSECTOR SGateX
イーセクターエスゲートエックス


『eSECTOR SGateX』は外部から社内へ接続する際に必要な「SSL-VPN」と「ローカルセキュリティ」を一括して提供できるソフトウエアです。社内サーバへの接続が必要な時にインターネット接続環境さえあれば、好きな場所から好きなPCでセキュアな接続を実現します。

マイナンバーセキュリティならイーセクター

機能概要・特徴

『eSECTOR SGateX』を経由して取り扱ったファイルはセキュアな通信に保護され、ローカルディスクや外部記憶デバイスへの保存も禁止します。さらに印刷制御も行えるため、クライアント端末からの接続による情報漏洩リスクを大幅に軽減できます。

特徴

■ 場所やPCを問わずに業務を継続
社内へ接続するための場所やPCに依存しません。社内接続が必要な時にインターネット回線とPCがあれば、そのPCでセキュアな通信とローカルセキュリティを確保することが可能です。
■ 仮想環境、クラウド対応も可能
仮想マシン上でも動作可能なため、クラウドサービスのインフラとしての活用も可能です。
※サービス提供をご検討の場合は別途ご相談ください。
■ 事前準備の必要は無し
社外から社内へ接続する際に、事前のソフトウエアインストールや専用PCの貸与は必要ありません。そのため、在宅勤務はもちろん災害時やパンデミックなど有事の際にも個人所有のPCから社内へ接続することが可能です。
■ 柔軟なユーザ管理/制御が可能
クライアントPCへのファイル保存やUSBデバイス制御、印刷制御、クリップボードへの貼付けもユーザ単位で制御できるため、情報漏洩リスクを大幅に軽減することが可能です。またクライアントPCから接続するネットワークをIPアドレス、ポート単位で許可/拒否できるため想定外のウイルス感染リスクを軽減すると同時に私用ブラウジングを抑制し、業務効率の向上が見込めます。
■ 堅牢な認証方式
既存Actice DirectoryやLDAPとの連携認証だけではなく、個別USBメモリを使用したキー認証による二因子認証に対応。
■ 導入、管理費用を削減
『VPN接続』・『クライアントPC保全』・『アクセスログ管理』・『ファイル暗号化』・『通信暗号化』など高いセキュリティポリシーに対する導入、管理する費用は肥大化する一方です。しかしその反面で費用対効果が明確になりにくいセキュリティの分野での予算確保は厳しくなる一方です。
『eSECTOR SGateX』は
・「安価に」 1台のサーバで1000ユーザまで同時アクセスが可能
・「簡単に」 技術的な説明会も必要無く、既存PCをそのまま使用導入が可能です。
構成図
eSECTOR SGateX 構成図
仕様・対応機種
■ SGateXサーバ/データベースサーバ環境
OS Red Hat Enterprise Linux 5 (5.5以上 64bit)
CentOS 5 (5.5以上 64bit)
ハードウエアスペック※1 CPU:Pentium4 Xeon 3.0GHz Dual Core以上推奨
メモリ容量:4GB以上
ハードディスク:60GB以上※2
データベースの種類※3 MySQL 5.1以上(Linux版)
※SGateサーバと異なるマシンの場合はWindows版も対応可能
Microsoft SQL
※1:認証サーバとデータベースサーバは別ハードウエアを推奨します。
※2:認証サーバが管理するデータベース容量を含みます。登録ユーザ数により大きく変わります。
※3:他データベースについては別途ご相談ください。
■ クライアント環境
OS Windows XP SP3(32bit)
Windows Vista SP2(32bit)
Windows 7 SP1(32bit/64bit)
Windows 8(32bit/64bit)
Windows 8.1(32bit/64bit)
ハードウエアスペック 上記OS で推薦されているハードウエアスペック以上
USB 端子を装備している機種(USB キーによる認証を行う場合)ActiveXが利用できること
Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 8/9/10/11
Windowsユーザの種類 管理者権限、一般ユーザ権限
※初回ActiveXダウンロード時のみ管理者権限で行う必要があります。
アプリケーションで
使用できるプロトコル
TCP/IPのみ
※ICMP、UDP/IPなどは対応できません。
■ AD/LDAP サーバ環境
・ADサーバ
OS Windows Server 2003、Windows Server 2008
Windows Server2008 R2
ソフトウエア Active Directory Server、Active Directoryドメインサービス
プロトコル LDAP、LDAPS
※Kerberos 認証は未対応です。
※AD/AD DSでLDAPS(SSL/TLS暗号)利用時はAD証明書サービス/AD CSをご利用ください。
※ポート番号はデフォルト以外に任意のポート番号が利用可能です。 ただし、「ユーザ管理ツール」はデフォルトのみ利用可能です。
・LDAPサーバ
ソフトウエア OpenLDAP(CentsOS 5.5、Open LDAPで検証済み)
※他のLinuxおよびLDAPソフトウエアについては別途お問い合わせください。
プロトコル LDAP、LDAPS
※ポート番号はデフォルト以外に任意のポート番号が利用可能です。 ただし、「ユーザ管理ツール」はデフォルトのみ利用可能です。
  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ