Ericomロゴ

Ericomは簡単に、低コストで導入できるクライアント仮想化ソリューションです。
業務環境をサーバ側に集約し、クライアントデバイスに画面転送を行うといったクライアント仮想化の導入メリットとしては、ユーザの利便性が上がり、IT部門の管理負荷軽減とともに強固なセキュリテイ対策を実現します。
Ericomは、独自のRDPアクセラレーターとHTML5ブラウザクライアントから仮想デスクトップ(VDI)や仮想アプリケーション(RDS/TS)に対して、いつでも・どこでも・どんなデバイスからでも高速アクセスを可能にし、ワークスタイル改革を支援します。VDIやシンクライアントの仕組みはコストが高いと敬遠してきた方にピッタリの、シンプルかつ効果的な新しいクライアント仮想化ソリューションです。

 特徴

1.シンプルな構成

Ericomは、不要な機能は敢えて削ることでクライアント仮想化に必要とされる基本機能のみ実装し、簡単でシンプルな構成のため、高い費用対効果を実現します。
Ericomは、アプリケーションのユーザ割り当てや、サーバのリソース状況やエラーログの確認といった複雑な運用はすべて、1つの管理コンソール上で設定可能なため、管理者は利用規模を問わず、最小限の工数で効率的に導入/展開/運用ができます。限られたリソースでシステム運用している企業や、多くの顧客をマルチテナントで抱える企業にとって最適なソリューションです。

2.低コスト

Ericomは、クライアント仮想化を実現するためにマイナーな機能や高度な機能は、必要に応じてアドオンするよう設計されており、ライセンス価格は同等の機能を有する他製品と比較して約3分の1程度です。
Ericomなら、効果が異なる2種類のプロトコル「Ericom AccessNow 」と「Ericom Blaze 」を単体で購入でき、これらのプロトコルは、他製品が導入されている環境に対してもアドオンできるので、既存IT資産を無駄にすることなく有効活用できます。

3.柔軟な拡張性

他製品の場合、管理サーバ1台あたりの処理上限数は数百程度ですが、ユーザ数が数万を越える場合は、管理サーバだけでなく、Webインターフェースやデータベースの冗長化が必要となり、管理者の運用負荷が問題でした。
しかしEricomなら、管理サーバ1台で10万ユーザを処理できるため運用負荷を大幅に減らし、将来のユーザ数増加にも柔軟に対応できます。また、管理サーバを2台以上で構成すれば、数十万ユーザの規模へ拡張することも可能なため、グローバル企業や大規模なサービスプロバイダーでも安心して利用できます。

4.先進性/実績

Ericom社は、「HTML5対応ブラウザ」の将来性を見越し、他社に先駆け2011年に、HTML5ベースのリモートデスクトップクライアント「Ericom AccessNow」を世界で初めて開発しました。
「Ericom AccessNow」により、iPadやChromebookなど、あらゆるデバイスからWindowsデスクトップやアプリケーションへ接続できるようになり、ユーザの利便性はさらに向上しました。 「Ericom AccessNow」は、エージェントの導入/設定が一切不要で、様々なHTML5対応ブラウザから「Ericom AccessNow」のURLへアクセスするだけで仮想環境へ接続できます。
「Ericom AccessNow」は世界で数十万ユーザに利用されており、海外教育機関等での導入が多く、特にChromebookとの相性が抜群です。

 Ericom製品ラインナップ

Ericom Connect

Ericom Connecta図 「Ericom Connect」は、世界で初めてグリッドアーキテクチャをコネクションブローカー(管理サーバ)に採用し、10万ユーザ規模のクライアント仮想化環境もシンプルな構成で実現する革新的なアクセスソリューションです。
エンタープライズレベルのスケーラビリティと高い管理性を求める企業、デスクトップやアプリケーションをサービス提供するクラウドプロバイダー、限られたITリソースでマルチデバイス環境に業務アプリケーションを提供したい企業にとって最適です。

Ericom AccessNow

Ericom AccessNow図 「Ericom AccessNow」は、HTML5対応ブラウザを搭載しているあらゆるクライアントデバイス上で、仮想デスクトップ(VDI)、仮想アプリケーション(RDS/TS)環境へのアクセスを提供する製品です。
エージェントの導入/設定は一切不要なため、ユーザ端末のメンテナンスが不要になり、HTML5対応ブラウザから「Ericom AccessNow」の URLへアクセスするだけで仮想環境へ簡単に接続できます。

Ericom Blaze

Ericom Blaze図 「Ericom Blaze」は、モバイル接続や低速WAN、海外からの接続によるネットワーク遅延等、通常のRDP通信の「遅い」等といった性能面の不満をシンプルな構成で即時解決できるソリューションです。
RDPの伝送データを分析し、ネットワーク帯域に最適な(オーバヘッドのかからない)データに圧縮し、転送します。通常のRDP通信ではありがちなカクカクとした細切れでのデータ転送をせず、ユニット単位での転送により、スムーズなユーザ体感を提供します。



Ericomのダブルブラウザ・ソリューションはこちら ↓ Ericom ダブルブラウザ
Ericom ダブルブラウザ
マイナンバーセキュリティならイーセクター

お問合せ