HULFT_logo

メーカー、OSの違いを意識することなく異なるプラットフォーム(メインフレームからミッドレンジ、オフコン、UNIX、Linux、Windowsに至るまで)や異なる文字コードをサポートした、完全マルチプラットフォーム対応のベストセラー・ファイル転送/データ連携ソフトウエアです。

HULFT機能・特徴

HULFT図1 HULFTは、より安全により確実なファイル転送を1行います。
ファイル転送の要求は、配信側、集信側のどちらからでも行うことができます。また、1つのファイルを同時に複数拠点に転送する同報配信、ネットワーク資源を占有しない圧縮転送、間欠転送機能、転送中に異常が発生して配信が失敗した場合に、異常箇所から再度転送するチェックポイント機能など、数多くの機能があります。
HULFT図2

集配信

集配双方向からの要求による集配信起動、複数拠点への同報配信、データ圧縮、ネットワークを占有しない間欠転送、異常時のチェックポイントからの再配信など様々な集配信機能を実装しています。

集配信管理

ファイルの集配信状況や履歴を確認することが出来ます。
イベントログ、コンソールログへの出力可能で運用管理ツールとの連携も可能です。
HULFT図3

アプリケーション連携

ファイル転送の前後に任意のジョブ起動を実行することができ、ジョブの実行結果を双方で確認することが可能です。
また、集信後正常時のジョブ実行結果を配信単位に含めることも可能です。

メッセージ送信

ファイル転送の際に、ファイルとは別に任意のメッセージを付加可能で、メッセージを集配信後のアプリケーションに引き継ぐこともできるため、柔軟なシステム連携を実現します。
HULFT図4

データ転送の暗号化

標準で160ビットレベルのHULFT独自の共通鍵暗号方式を実装しています。より安全で高速な暗号オプションの選択も可能です(有償)。

データ送達の確認

配信側は転送データが集信側に正しく送られているかどうかの確認が可能です。
HULFT図5

ユーザ操作権限

HULFT管理画面へのアクセス権限を設定する事で、設定情報の更新や転送要求の発行等のユーザ権限を制限でき、不正アクセス対策も可能となります。

データ送達の確認

配信側は転送データが集信側に正しく送られているかどうかの確認が可能です。

マルチプラットフォーム対応

本製品を含めた「データ転送・加工 / 統合ソリューション」を活用することで、すべてのオープン環境におけるデータ処理をより簡単に、より確実にかつ、より高速に一元処理することが可能となります。

HULFT図6 マルチプラットフォームの連携イメージ

利用例

HULFT 利用例

動作環境


「以下URLをご参照ください」
http://www.hulft.com/software/hulft_8/os.html  

イーセクターの販売サポート

データ連携・活用に関するお悩みはありませんか?
右の診断表に1つでも合致するお悩みがあればご相談下さい!(■ PDF 344KB)
データ転送・連携・活用ヘルスチェック診断表
取引先とHULFTを繋ぐ HULFTクラウド

イーセクターは ココが違います!

各種技術サポートを弊社自ら提供します

製品サポート
Q&A対応、技術情報提供、障害対応※1

技術支援サービス※2
導入支援、運用設計、転送システム改善提案、コード変換支援
※1 技術サポート契約が必要となります
※2 要件により有償となります

契約管理面の営業支援

  • 面倒なシリアル管理や保守契約管理をお手伝いします
  • 増設や解約、システム移行等環境の変更に伴う契約変更サポート

誠意ある対応

  • お客さまの立場に立った受け答え
  • 豊富な技術情報ご提供

◆ HULFT文字変換や前提知識に関する情報をお探しの方はこちらもご参照ください! ◆

ダウンロード資料名 資料概要
 #01文字コードとは HULFT7から対応のUTF-8等unicodeを通じた文字コード説明
 #02改行コードとは UNIXとWindowsの制御文字(CR,LF)について解説
 #03文字化け対応1 メインフレーム→Windows転送時の文字化け対策
 #04シフトコード メインフレーム特有の漢字区切り文字(制御文字)を説明
 #05サポート文字 HULFTで変換可能な文字コードセットの一覧と解説
 #06ポート番号 HULFT使用ポートと動的に使用するポート番号について説明
 #07コード変換先 集配信情報→拡張設定の"EBCDICコードセット"の詳細
 #08未記載の詳細コード マニュアルに掲載されていない詳細コードの紹介(Windows)
 #09自動起動と自動停止(UNIX) HULFT UNIX/Linuxのデーモン自動起動と自動停止の設定
 #10改行コード変換のしくみ HULFT改行コード変換のしくみ・設定の説明
 #11HULFT7-FTP機能比較表 セキュリティから操作性までHULFTとFTPを比較
 HULFT利用概説 HULFT設定・定義の関係性やHULFT設計のコツを記載

関連製品

データ連携ソフトウェア

異なるシステムの様々なデータやアプリケーションを、豊富なアダプタを使って自由につなぐ、データ連携ソフトウェアです。 専門的な技術や知識なしでもドラッグ&ドロップで各システムを連携することができます。

HULFT連携ソリューション

HULFTのファイル転送前後のよくある処理を、GUI(Graphical User Interface)ベースでより簡単に作成し運用できます。 HULFT Scriptは、企業内・企業間データ連携ミドルウェアであるHULFTのオプション製品です。

HULFTデータ連携の管理・運用ミドルウェア

システム上に散在するHULFTの構成・設定・転送の可視化・統合管理を実現!HULFTだけでは解決できない「セキュアな転送」「DR対策」 「データ転送・加工処理の一元化」等の課題を解決します。

データ加工・変換ツール

データ加工の基本機能であるデータ抽出、項目集計、レイアウト変換、コード変換はもちろん、データ加工に必要となる様々な機能を実装しております。 新たなプログラム開発も必要ないため、導入期間や導入コストを大幅に削減することができます。

セキュァWebデータ連携ミドルウェア

HULFTを導入できない相手先にHULFT連携でデータ集配信ができる!媒体や紙を使ったデータ受け渡しをやめ、取引先、海外拠点、 事業所等多くの相手先へのデータ集配信を自動化できます。

HULFTデータ連携サービス

HULFTクラウドのサービス提供モデル。HULFT連携オプションを利用することで、データ授受をトリガに、HULFTで、簡単に基幹システムと連携 可能です。貴社に導入されていHULFTと、HULFT未導入のお客様とのデータ連携をシームレスに行うことが出来ます。


お問合せ