1. ホーム »
  2. 製品一覧 »
  3. MylogStar

MylogStar
マイログスター


MylogStarは、ユーザー操作ログとして業界最多の15種類のログ取得を可能にし、
物理環境、仮想環境(SBC/VDI)を問わず導入できるソフトウェアです。
実現が難しいVDI環境のプロビジョニングに対応した新しい時代のログ取得製品です。

MylogStar 3

マイナンバーセキュリティならイーセクター

機能概要・特徴

セキュリティを強化するため、詳細なユーザー証跡管理を行うには、クライアントの操作ログが必要です。
MylogStarはクライアント操作ログ管理の専用製品として「ログ収集力」「ログ活用力」「環境対応力」に特化した機能をワンストップで提供します!

ログ管理を行う際、必要なログが収集できていなければ、証跡としての保存やログの分析もできません。
MylogStarは、OSのカーネルレベルでログを取得しているため、他のログ管理製品では取得できない操作も把握できます。
必要なログを収集できなくては、ログ管理をすることはできません。

OSカーネルレベルでのログ取得

MylogStarはOSのカーネルレベルでファイル操作ログを取得しています。
このため、ファイルシステムに則ったファイル操作であればGUIやCUI(コマンドプロンプト)に関係なく取得が可能です 。
MylogStarはアプリケーションや環境に依存せずOSの挙動を取得しています。

MylogStarの監視レベル

業界トップクラス クライアント操作15種類の情報を取得

業界トップクラス!クライアント操作15種類の情報を取得

必要なログをすべて収集すること。これがログ管理の第一歩となります。

収集したログは、いつ利用するかわかりません。
情報漏えいの疑いがある場合などは、過去数年にわたったログをチェックすることもあるでしょう。
MylogStarはクライアント操作ログ管理の専用ソフトとして、長年の経験を活かした利用者にやさしい運用管理をご提供いたします。

使いやすい管理画面

MylogStarの管理画面はお客様の利用シーンを考慮した設計で、ログ確認や各種設定を簡単に操作することができます。
また、Webコンソールなのでインターネット接続が可能な環境であれば、いつでも使用できます。

 ダッシュボード機能

MylogStarにおける、「アラート発生」「ログ送信・登録」「サーバーディスク容量」等の状況を一目で確認することが可能。

ダッシュボード機能

 トレース機能

トレース機能とは特定のファイルログから、そのファイルがどのように利用されていたかを追跡する機能です。
例えばリムーバブルディスクに保存されたファイルの記録からトレースを行えば、元ファイルが判明します。ファイルサーバーからローカルディスクへのコピーや、ファイル名の変更も容易に追跡できます。

ダッシュボード機能

企業システムは、さまざまな環境が混在して稼働し始めています。
仮想化環境やシンクライアント環境、海外の拠点や協力会社がある場合には、外国語OSも混在して利用されることもあるでしょう。
これらの環境下においても、MylogStarは対応できるように設計されています。

構成イメージ

構成イメージ

MylogStarシリーズラインナップ

MylogStarシリーズラインナップ

MylogStar Network (マイログスター ネットワーク)

監視対象の記録をサーバーで一元管理
物理 / VDI / SBCすべての環境に対応、最大3万クライアントまで管理可能

MylogStar FileServer (マイログスター ファイルサーバ)

監視対象のServer OSへのスタンドアロン管理(管理サーバーレスで導入/運用が可能)
ファイルサーバーの共有フォルダのファイル操作を記録、証跡を記録

MylogStar Desktop (マイログスター デスクトップ)

監視対象のClient OSへのスタンドアロン管理(管理サーバーレスで導入/運用が可能)
PC1台からの操作ログ管理。ネットワークのない物理環境でもログ管理を実現

  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ