1. ホーム »
  2. 製品一覧 »
  3. ShadowProtect

ShadowProtect
シャドウプロテクト


当ツールを使えば、バックアップ&ディザスタリカバリの運用・管理を簡単・確実に実現できます。
機能概要

BCP(事業継続計画)・DR(災害復旧)対策において、復旧スピードに優れているイメージバックアップが注目されています。
ShadowProtectでは、ハードディスクの内容をセクタ単位でバックアップするので、OS・アプリ・データを丸ごとバックアップすることが可能です。DRを考えた場合、データ領域しか保護しない通常のバックアップではなく、システム領域、データ領域を丸ごと保護するイメージバックアップを選択した方が復旧時間は早く、業務が停止している時間(ダウンタイム)を大幅に削減することができます。

ShadowProtect 復旧工程イメージ
特徴
このページの先頭へ

バックアップに関する機能

・ドライブ全体のバックアップ
・Windows稼働中のバックアップ
・コールドバックアップ
・スケジュール機能
・増分バックアップ
・差分バックアップ
・Microsoft VSS(Volume Shadow Copy Service)対応
・バックアップデータの圧縮
・バックアップデータの暗号化
・バックアップ前後にコマンド設定
・2TiB(2テビバイト)を超えるパーティション(GPT)のバックアップ
・バックアップデータの保存期間ポリシー
・バックアップファイルの統合
・インストールレスでのバックアップ
・ベリファイ(データの検証)
・幅広いバックアップメディアをサポート(内蔵HDD, USBまたはFireWire接続リムーバブルHDD, 光学メディア(CD, DVD, Blu-Ray),ネットワークドライブ(SAN, NAS, iSCSI)等をサポート)

リカバリに関する機能

・高速リカバリ
・リカバリメディアでのコールドリカバリ
・異なる構成のマシンへのリカバリ
 (HIR機能(Hardware Independent Restore))
・仮想マシンへのリカバリ(移行)
・P2V, P2P, V2V, V2Pなどの移行
・バックアップデータの参照(ファイルの取り出し)
・複数のマウントポイントを同時に設定
・パーティションの調整
・SANブート対応

その他の拡張機能

・集中管理
・イメージファイルのVMware ConVerterサポート
・VMware形式(vmdk), MS形式(vhd)ファイルへの変換
・VirtualBoot
・P2V, P2P, V2V, V2Pなどの移行
・通知・アラート
・バックアップデータの参照(ファイルの取り出し)

オプション機能

・レプリケーション
・仮想マシンに自動スタンバイ(HSR機能(HeadStart Restore))
製品ラインナップ
Windowsサーバー向けバックアップ・リカバリソフトウエア
ShadowProtect 5 Server ShadowProtect 5 Small Business Server
ShadowProtect 5 Server ShadowProtect 5 Small Business Server
WindowsPC向けバックアップ・リカバリソフトウエア
ShadowProtect 5 Desktop ShadowProtect 5 Desktop
システムエンジニア向けバックアップ・リカバリソフトウエア
ShadowProtect 5 IT Edition ShadowProtect 5 IT Edition
仮想環境向けバックアップ・リカバリソフトウエア
ShadowProtect 5 Virtual Server
ShadowProtect 5 Virtual Desktop
ShadowProtect 5 Virtual
バックアップファイル管理ソフトウエア
StorageCraft ImageManager StorageCraft ImageManager
このページの先頭へ
ライセンス形態と対応OS
ライセンス形態 Desktop Virtual
Desktop
Server Virtual
Server
SCIM IT Edition
ライセンス単位 ノード 仮想マシン ノード 仮想マシン ジョブ 管理者
(ノード数無制限)
ライセンスの使用期間 なし なし なし なし なし 3ヵ月/1年
対応OS Desktop Virtual
Desktop
Server Virtual
Server
SCIM IT Edition
Windows 2000 Pro SP4 ※1
Windows XP SP2 以降
Windows Vista
Windows 7
Windows 2000 Server SP4
Windows Server 2003(R2含む)
Windows Small Business Server 2003(R2含む)
Windows Storage Server 2003(R2含む)
Windows Server 2008(R2含む)
Windows Storage Server 2008(R2含む)
Windows Small Business Server 2008
※1 コールドのみ対応
エディション別機能表(バックアップ)
バックアップに関する機能 Desktop Virtual
Desktop
Server Virtual
Server
SCIM IT Edition
ドライブ全体のバックアップ
Windows 稼働中のバックアップ
コールドバックアップ
MS VSS(Volume Shadow Copy Service)対応
増分バックアップ
差分バックアップ
スケジュール機能
バックアップデータの圧縮
バックアップデータの暗号化
バックアップ前後にコマンド設定
2TiBを超えるパーティション(GPT)のバックアップ
バックアップデータの保存期間ポリシー
バックアップファイルの統合 ※1 ※1 ※1 ※1 ※2
インストールレスでのバックアップ
べリファイ(データの検証) ※3
幅広いバックアップメディアをサポート
※1 完全バックアップと差分・増分ファイルを統合できます。
※2 増分ファイルを日次・週次・月次に自動的に統合することが可能です。
※3 イメージファイルだけでなくイメージセット(依存関係のある増分バックアップイメージのセット)全体の整合性をチェックします。定期的に自動べリファイを設定することも可能です。
エディション別機能表(リカバリ・拡張機能)
リカバリに関する機能 Desktop Virtual
Desktop
Server Virtual
Server
SCIM IT Edition
高速リカバリ
リカバリメディアでのコールドリカバリ
異なる構成のマシンへのリカバリ
HIR機能(Hardware Independent Restore)
仮想マシンへのリカバリ(移行)
P2V, P2P, V2V, V2Pなどの移行
バックアップデータの参照(ファイルの取り出し)
複数のマウントポイントを同時に設定
パーティションの調整
その他拡張機能 Desktop Virtual
Desktop
Server Virtual
Server
SCIM IT Edition
集中管理
イメージファイルのVMware Converter サポート
VMware形式(vmdk), MS形式(vhd)ファイルへの変換
VirtualBoot
レプリケーション(intelligentFTP / ShadowStream) ※有償
仮想マシンに自動スタンバイ
HSR機能(HeadStart Restore)
※有償
通知・アラート
システム要件
ShadowProtect CPU:300 MHz以上のPentium互換
メモリ:256MBまたはOS最小限
HDD空き容量:50MB
CD-ROMまたはDVDドライブ
VGA以上の解像度のモニタ
サポートされるファイルシステム FAT16
FAT32
NTFS
ダイナミックディスク
サポートされるストレージメディア 内蔵ハードディスク
リムーバブルハードディスク (USBまたはFireWire)
ネットワークドライブ (SAN, NAS, iSCSI)※1
光学メディア (CD, DVD, Blu-Ray)
対応する仮想環境 VMware Workstation 6.x, 7.x
VMware ESX 3.x, 4.x
VMware ESXi 4x
VMware ESXi 5
Microsoft Hyper-V Server 2008, Server 2008 R2
Citrix XenServer 3.x, 4.x and 5.x
Oracle VirtualBox 3.x and 4.x
※1 SANはシングルパスをサポートしています。マルチパスは未対応です。リカバリメディアにiSCSIイニシエータが用意されていないため、iSCSI イニシエータが搭載されているマシンを経由させる必要があります。
  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ