1. ホーム »
  2. 製品一覧 »
  3. SyncSort

SyncSort
シンクソート


SyncSortは「システム負荷を極力軽減しながら、かつ処理速度を高める」という設計思想に基づいて開発されています。その高速性はいうに及ばずシステム資源を有効に活用し、スループットを向上させます。
機能概要・特徴

SyncSortはシステム負荷が高い環境下においても、性能を発揮する高性能ソート/マージ/コピー/ジョイン・プログラムです。

Syncsort DMExpressへ

導入により、下記の効果が得られます。

・高速ソート・マージ
処理時間を大幅に削減します。z/OS環境では経過時間を平均30%以上削減することができます。また、I/O回数、CPU使用量の軽減により、システム負荷軽減、スループット向上にも効果があります。
・高速コピー
メーカー提供のコピーユーティリティに交わる高速コピー機能を提供します。コピー時にデータの編集、選択操作も可能です。
・レポートライター
簡単なパラメータで出力ファイルを帳票イメージに変換できます。ヘッダー、フッター、小計、合計などの出力追加ができます。
・マルチプルアウトプット
一回のステップでひとつの入力から複数のファイルを出力できます。各出力で選択、選択が可能です。
・ジョイン(結合)
2つ以上のファイルを結合して1つのファイルへ出力できます。結合時の選択、編集操作も可能です。
・その他の機能
・INCLUDE/OMIT(レコード選択、除外)・SKIPREC/STOPAFT(処理レコード限定)・INREC/OUTREC(レコード編集)・DB2 Query機能・SUM(累計)・複数テープ入力高速処理(PARASORT)
SyncSort 機能概要・特徴
マルチプラットフォームの対応

本製品を含めた「データ転送・加工 / 統合ソリューション」を活用することで、すべてのオープン環境におけるデータ処理をより簡単に、より確実にかつ、より高速に一元処理することが可能となります。

マルチプラットフォームの連携イメージ
仕様・対応機種

・稼働環境

製品体系
SyncSort/MSP MSP環境
SyncSort for z/OS z/OS環境
SyncSort for VSE VSE環境
SyncSort for CMS CMS環境
SyncSort UNIX UNIX、Linux環境
SyncSort Windows Windows環境
Syncsort DMExpress UNIX、Linux、Windows環境
注1) SyncSort for z/OS,VSE,CMSは海外ではMFX for z/OS,VSE,CMSとも呼称されています。MFXはMainframe Expressから引用されています。
注2) SyncSort UNIX,Windowsは、現在はSyncsort DMExpressに機能統合されています。DMExpressの製品紹介については、
Syncsort DMExpress製品ページをご参照ください。
  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ