1. ホーム »
  2. ソリューション »
  3. マイナンバー制度セキュリティ対策 »
  4. 「CA Privileged Identity Manager」

特権ID管理の決定版

特権ID管理ソリューション
シーエー プリビリッジド・アイデンティティ・マネージャー
CA Privileged Identity Manager
CA Privileged Identity Manager

株式会社アシスト
株式会社アシスト

CA Privileged Identity Managerは、サーバOSの特権ID管理を含むOSユーザIDを適切に管理し、強固なアクセス制御基盤を提供するソリューションです。

マイナンバー対応の目的と効果

  • 特定個人情報の管理区域に存在するサーバに対してアクセスを制御し、要塞化できます
  • 管理区域に対し、「いつ」「誰が」「何をした」かを確実に記録し、取扱規定を監査できます
  • マイナンバーを含む重要情報へのアクセスを、特権ID含めて制御できます

マイナンバーに対する特長

  • OS管理者権限であってもセキュリティ設定が変更できないため、職務分掌が適切に行われます
  • 特権IDによるマイナンバー情報へのアクセスを申請ID情報と紐づけて制御することで、適切なデータの取り扱いを実現できます
  • アクセス制御基盤だけではなく、様々なログ(申請/承認、アクセスログ)を取得することにより、発見的統制に役立ちます

紹介資料

まだ間に合う!特権ID不正利用によるマイナンバー情報保護対策 【PDF形式  1.53MB】
(2015.7.15ESC展示会より)

サーバに存在する重要な情報を護るための非常に強固なセキュリティ基盤を提供 「CA Privileged Identity Manager」は、サーバに存在する重要な情報を護るための非常に強固なセキュリティ基盤を提供します。
申請/承認ワークフローの機能は、業務効率や監査レベルの向上だけではなく、未承認ユーザによるログインを禁止することができ、マルウェア感染によりパスワードを窃取された場合の不正アクセスを防止できます。
また、特権ユーザの重要ファイルへのアクセスを制限するテクノロジーは最高レベルのセキュリティを実現します。
クリックすると拡大表示します 画像をクリックすると拡大表示します。

クリックすると拡大表示します 画像をクリックすると拡大表示します。

« マイナンバー制度対応に有効なセキュリティプロダクト一覧へ戻る

  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

マイナンバーセキュリティの相談・お問合せ