1. ホーム »
  2. ソリューション »
  3. マイナンバー制度セキュリティ対策 »
  4. 「NIAS」

ファイルサーバ統合管理ソフトウェア

アクセス権限設定可視化ソリューション
ニアス
NIAS NIAS

NECネッツエスアイ株式会社
NECネッツエスアイ株式会社

無法状態になったファイルサーバのシステムコスト/情報漏洩リスクの増大を防ぎ、運用適正化を実現するソフトウェアです。

マイナンバー対応の目的と効果

  • 適切な人のみがアクセスできる状態を維持する(アクセス権限管理)
  • 無秩序に保管されている情報を可視化できる(見える化)
  • 保管期間を経過したデータを自動で仕分けることが可能(整理)

マイナンバーに対する特長

  • マイナンバー情報を格納しているフォルダをユーザ起点、フォルダ起点でアクセス権の棚卸、適正化を実施し、情報漏えいのリスクを低減可能
  • マイナンバー情報があるサーバの利用状況をグラフィカルに可視化でき、フォルダ管理ポリシーを設定することが可能
  • マイナンバー情報を含んだデータを法定保管期間経過後、速やかに削除、整理ができる

紹介資料

ファイルサーバ統合管理ソフトウェア NIASご紹介【PDF形式  2.43MB】
(2015.7.15ESC展示会より)

自動でサーバの利用状況をグラフィカルにレポート ・見える化:自動でサーバの利用状況をグラフィカルにレポート
→メモリデータベースを活用し、リアルタイムに条件を変えて高速分析できる (NEC独自技術)

・整理・容量削減:不要データの整理により毎年20~30%容量削減
→ユーザへのリスト通知による確認型整理ポリシー設定による自動整理・アーカイブ

・アクセス権管理:アクセス権の棚卸・ 適正化により、 情報漏えいのリスクを低減
→ユーザ/セキュリティグループごとのアクセス範囲の棚卸を実現
不適切なアクセス権が設定される箇所を検出

・リソース管理(オプション):フォルダ割り当て業務の一元管理により業務を大幅に効率化
→フォルダ作成、クォータ設定、ActiveDirectoryのユーザ/グループ作成、アクセス権割を一元的に実施
クリックすると拡大表示します 画像をクリックすると拡大表示します。

クリックすると拡大表示します 画像をクリックすると拡大表示します。

« マイナンバー制度対応に有効なセキュリティプロダクト一覧へ戻る

  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

マイナンバーセキュリティの相談・お問合せ