1. ホーム »
  2. ソリューション »
  3. マイナンバー制度セキュリティ対策 »
  4. 「P-Pointer」

社内のどこにどれだけ個人情報が存在しているか把握できていますか?

個人情報検出ソフト
ピーポインター
P-Pointer  P-Pointer

アララ株式会社
アララ株式会社

「P-Pointer(ピーポインター)」は、PCやファイルサーバ内の個人情報や機密情報を含むファイルを高速で検索しレポートする、業界シェアNo.1の個人情報検出のためのソフトウェアです。

マイナンバー対応の目的と効果

  • 必要な範囲を超えた特定個人情報ファイルの作成を禁止を徹底します
  • 定期的な監査を可能にし、従業員のセキュリティ意識の向上を図ることができます
  • 保管期間を過ぎた個人情報ファイルの廃棄又は削除を確認できます

マイナンバーに対する特長

  • マイナンバー検出用の辞書を搭載しマイナンバーを含むファイルを検出します
  • 高速で、高度な検出機能とインストール不要なシンプルな構成です
  • 開始ボタンをクリックするだけで簡単に検索できます

紹介資料

マイナンバー法に準拠し特定個人情報を管理「P-Pointer」のご紹介【PDF形式  1.56MB】
(2015.7.15ESC展示会より)

P-Pointerは個人情報や機密情報を含むファイルを可視化する個人情報検出ツールです。 P-Pointer(ピーポインター)は、PCやファイルサーバ内の、Excel、Word、Powerpoint、csv、pdf、圧縮ファイルなどのファイルの中身の情報を個人情報の特定のための辞書を使って検索し、個人情報や機密情報を含むファイルを可視化する個人情報検出ツールです。
サーバに入れたP-Pointerを起動するためのショートカットを、パソコンのデスクトップに設置のみで、すぐに起動が出来ます。
個人情報検出ツールP-Pointerでは、検出条件を一括設定したり、各クライアントPCの監査結果を一元管理する為の、管理者用コンソールをご用意しています。
豊富な辞書を保有していることで、様々なファイル形式での検索が可能です。

クリックすると拡大表示します 画像をクリックすると拡大表示します。

« マイナンバー制度対応に有効なセキュリティプロダクト一覧へ戻る

« 「P-Pointer EXA」製品紹介ページはこちら

  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ

マイナンバーセキュリティの相談・お問合せ