1. ホーム »
  2. 事例一覧 »
  3. SyncSort

SyncSort
シンクソート

SyncSort製品ページを見る

オンライン処理時間逼迫の対策

企業概要

金融系会社C/国内の大手金融系企業

導入背景 / 課題

C社の運用システムでは、オンライン処理とバックグラウンド処理(バッチ)により、データ運用を行っていた。ところが、近年オンライン処理の処理量増加にともない処理時間に遅延が発生するケースが報告されるようになった。オンライン処理では顧客や取引先のデータ更新処理が中心であるため、処理遅延はC社の経営上大きな問題となりはじめていた。

解決策

遅延処理を調査したところ、バックグランドで平行処理されている処理とオンライン処理がCPU資源を取り合っていることによる問題と判明した。バッチ処理ではSORT/MERGEなどを含めたデータ加工処理が多いため、SyncSortを採用してデータ加工処理の省力化を試みた。

SyncSort解決策

導入の効果

  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ