1. ホーム »
  2. OpenSSLの脆弱性に伴う弊社提供製品への影響について

OpenSSLの脆弱性に伴う弊社提供製品への影響について

OpenSSLに深刻な脆弱性が発見されたため、弊社提供製品への影響について関連情報サイトをとりまとめました。
※「OpenSSL」はECサイトなど重要なデータをやり取りする必要のあるWebサイトで広く使われ、
httpsから始まるWebサイトで行っている「SSL」通信に利用されています。
また、本ソフトウェアはWebサイトだけではなく、様々なソフトウェアにも利用されているので影響範囲はかなり大きくなります。
詳細につきましては、下記の関連情報サイトをご確認ください。

公的機関からの情報

機関 対策・関連情報サイト
総務省       OpenSSLの脆弱性について 
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC) OpenSSLの脆弱性に関する注意喚起 
独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) OpenSSLの脆弱性対策について(CVE-2014-0160) 

製品開発元からの情報

製品名 脆弱性の影響 開発元/総販売代理店 情報サイト
HULFTシリーズ 株式会社セゾン情報システムズ HULFT Series 製品におけるOpenSSLの脆弱性に対する報告 
ServerProtect for NetApp FAS トレンドマイクロ株式会社 OpenSSL Heartbleedの脆弱性(CVE-2014-0160)について 
Logstorage インフォサイエンス株式会社 OpenSSLの脆弱性に対する弊社製品(Logstorage)への影響について 
MylogStar 株式会社ラネクシー OpenSSLの脆弱性に関する弊社製品の対応状況について 
ShadowProtect 株式会社ラネクシー OpenSSLの脆弱性に関する弊社製品の対応状況について 
MaLion
MaLion Cloud
株式会社インターコム OpenSSLの脆弱性の影響による弊社商品の安全性について 
eSECTOR LOCK STAR-SGate
eSECTOR SGateX
ロジカルテック株式会社 OpenSSLの脆弱性に伴う弊社製品への影響はございません 
SGCloudX ロジカルテック株式会社 OpenSSLの脆弱性に伴う弊社製品への影響はございません 
NetRAPTOR トーテックアメニティ株式会社 OpenSSLの脆弱性について 
このページの先頭へ