2021.05.21 

gk-001

どの業務がIT活用して効率アップできそうなのかを把握したい

改善すべき業務が把握できていないため、ITを活用したシステム連携や自動化等によって、どの業務がもっと効率化できるのかを知りたい。

システム化対象の業務をすべて漏れなく洗い出し、可視化すべき業務を特定することを支援します。

gk-001
業務体系ヒアリングや、業務調査票配布によって、業務を洗い出し、可視化すべき業務を特定します。
プロセス可視化のノウハウを提供し、業務フロー図や、業務記述書をツールを使って、短期間に効率よく作成し、既存業務の棚卸・整理から業務フローの可視化を支援します。


『既存業務の視える化』支援サービスを利用することにより、既存業務の可視化(As Is)と整理が可能になります。


業務プロセス改善サービス


← 前のページ→ 次のページ

[区 分] プロセス自動化
[環 境] Windows,他多数
[タ グ] フロー図, 業務視える化, 業務プロセス
[P D F] https://www.esector.co.jp/ops/bpm-rpa/pdf/gk-001.pdf
[動 画] 

[関 連]
  • プログラム実行フロー分析のために、フローチャートを自動生成したい
  • プログラムとDBの関連を分析するCRUD図を自動生成したい
  • アプリケーション保守効率化の為、CRUD図を常に最新の状態にしたい
  • どのような手法で業務のプロセス改善をすると最適化できるのか知りたい
  • 業務プロセスのどこを改善すべきなのか知りたい
  • エクセルに保存した業務処理手順を、業務フロー図に変換したい
  • 仕事の流れをフローチャートにして残したい
  • 社内の書類手続きのデジタル化

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ