2020.09.08

ds-005

手作業で行っている入金消込業務を効率化したい

入金消込は、自社債権と取引先の明細、入金データを照合して行うが、入金消込の元となるデータは基幹システム内に点在しており、入金消込用のデータとして準備するのが容易ではない。

DataSpiderのアダプタを使用して販売管理や案件管理など、システムごとに異なるデータベースから必要な情報を取得し、計算やマージ等の変換処理をすることで、容易に入金消込用データが作成できます。

ds-005(出典:株式会社セゾン情報システムズ)
入金消込業務に加えて、未回収報告書や自社支払明細書の発行まで効率化できます。

入金消込業務をノンプログラミングで効率化できます。


DataSpider Servista


← 前のページ→ 次のページ

[区 分] データマネジメント, プロセス自働化
[環 境] Windows, Linux
[タ グ] 業務効率化, EAI
[P D F] https://www.esector.co.jp/ops/etl-eai/pdf/ds-005.pdf
[動 画] 

[関 連]
  • 様々な形式で蓄積された顧客情報を統一された形式で見たい
  • 事業報告資料を効率的に作成したい
  • 社内ファイル共有で利用しているBoxの権限設定工数を減らしたい
  • 社内ファイルサーバーとして利用しているBoxを受注業務にも活用したい
  • クラウド連携(クラウド-オンプレミス間、クラウド-クラウド間)を効率化したい
  • 手作業で行っていたExcelのデータ入力を自動化したい
  • いつでもどこからでも申請&決裁・押印が対応できるようにしたい

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ