2020.09.23

ec-008

プログラム言語毎に異なる更新箇所の特定を一元的に実施したい

リソース管理のために、プログラマーが変更した箇所をプログラムのレベルで更新履歴として記録保存しておきたいがプログラミング言語毎に必要な部分が異なるため、更新個所の判定に大きな労力がかかってしまっている。

プログラムの記述形式はそのプログラミング言語毎に異なり、またプログラマー毎に記述方法に微妙な差異があります。

ec-008
汎用比較ユーティリティであるESTCOMPRではきめ細かなパラメータの指定によって言語に依存した差異の検出や、レコードの挿入削除を自動判別する機能があるため、簡単な指定でプログラミング言語に最適な比較検出ができます。このユーティリティの活用により、プログラマーや資産管理者が苦労して検出している更新個所の特定や履歴保存の各処理を確実・簡単に実装することができます。

現在利用されている代表的な言語には、アセンブラ、COBOL、PL/1、SQL(RDB等操作言語)、JCL(JOB制御言語)などがありますが、言語毎にその構造が異なっています。
コメント、ブランク、ピリオドやカンマの扱いが異なるうえに、レコード毎につけられるシーケンス番号(順序番号)はレコードの追加や削除、移動によってレコード順が変わることで、異なる番号がつけられる場合があります。
そのため、変更箇所の特定では、多くの場合個別のアプリケーションで対応したり、直接目視して差分をチェックしたりすることが多いです。

汎用ユーティリティを活用することで、個別に対応していたプログラムの更新内容の検出や履歴化で費やしている労力と時間を大幅に削減することができ、プログラム開発を効率化することができます。


・プログラミング言語に適した比較ができる
・挿入、削除の自動判断で確実な差異の検出ができる
・プログラム開発、資産管理の効率改善ができる


ESTCOMPR(イーセクターコンペア)


← 前のページ→ 次のページ

[区 分] メインフレーム
[環 境] z/OS, MSP/EX, VOS3
[タ グ] 変更管理
[関 連]
  • レコードの重複排除処理で削除レコードが正しいか確認したい
  • 変更管理に於けるプリント量を削減したい
  • キー付データの更新履歴を効率的にとりたい(メインフレーム)
  • 本番データの更新ミスを抑制したい(メインフレーム)
  • 区分データセットのメンバ更新有無をまとめて確認したい(メインフレーム)
  • メインフレームの可変長レコードの更新内容を確認したい
  • メインフレームでのデータアクセス簡素化で工数を削減したい
  • メインフレームにおけるIPLパラメータ変更管理の確実性向上
  • DASDフリー・スペース不足トラブルを防ぐためのマクロ的な視点での情報が必要
  • メインフレーム上のデータをオープン系システムに移すことなく、簡便にレポートを作成する
  • 富士通メインフレームのハードウエアを最適化したい

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ