2020.10.07

ec-009

変更管理に於けるプリント量を削減したい

変更管理において、変更内容をプリント出力したいのだが、比較結果のレポート量が多すぎるため、データ管理者が記録用に出力するレポートに時間と資源が大量に消費されてしまう。

汎用比較ユーティリティであるESTCOMPRは、比較結果レポートの出力フォーマットや出力量をきめ細かく操作する機能を提供しています。
この機能を使えば、データ管理者や資産管理者が記録保管するデータ量・資源量を大幅に削減することができます。

変更管理における記録の保管にはいくつものパターンがあります。
変更前のデータと変更後のデータをそのまま記録する形式や、データ形式を加味してわかりやすくリフォーマットして記録する形式などがある一方、管理上は変更の有無のみが必要である場合や、サンプリングのみでよい場合もあり、記録データの形式はその管理形態に依存して変化します。
要は、記録データとして残す形式は一律ではないため、その用途に応じて出力フォーマットを変化させる必要があるということです。

ESTCOMPRでは、比較結果を様々なフォーマットで出力させる機能や、出力量を制限してプリント量を削減させる機能がそなわっているため、出力フォーマット・出力量を簡単に制御でき、膨大で無駄の多い出力量の削減に貢献することができます。


・無駄なプリント量を抑制できる
・フォーマット化して用途にあったレポートを作成できる
・プリント資源と時間を削減できる


ESTCOMPR(イーセクターコンペア)


← 前のページ→ 次のページ

[区 分] メインフレーム
[環 境] z/OS, MSP/EX, VOS3
[タ グ] 変更管理
[関 連]
  • レコードの重複排除処理で削除レコードが正しいか確認したい
  • プログラム言語毎に異なる更新箇所の特定を一元的に実施したい
  • キー付データの更新履歴を効率的にとりたい(メインフレーム)
  • 本番データの更新ミスを抑制したい(メインフレーム)
  • 区分データセットのメンバ更新有無をまとめて確認したい(メインフレーム)
  • メインフレームの可変長レコードの更新内容を確認したい
  • メインフレームでのデータアクセス簡素化で工数を削減したい
  • メインフレームにおけるIPLパラメータ変更管理の確実性向上
  • DASDフリー・スペース不足トラブルを防ぐためのマクロ的な視点での情報が必要
  • メインフレーム上のデータをオープン系システムに移すことなく、簡便にレポートを作成する
  • 富士通メインフレームのハードウエアを最適化したい

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ