2020.07.13

cm-001

アプリケーション保守効率化の為、CRUD図を常に最新の状態にしたい

設計書のCRUD図が常に最新状態に維持されていない為、ソースコードを変更した際のアプリケーション保守に時間がかかる。

ソースコードからCRUD図を自動生成するツールの導入

cm-001
ソースコードが保存されているフォルダを指定して夜間に解析処理をスケジュールするだけで、自動的にソースコードを解析し、毎朝、最新のCRUD図が生成されます。
また、生成されるCRUD図は、ExcelやPDFとして所定の場所に自動的に出力することも可能です。
これにより、CRUD図の正確性向上と、工数削減を同時に実現します。

ソースコードから、CRUD図を自動生成することが出来るツールを導入する。
これにより、工数削減と品質向上を同時に実現する。


ChangeMiner


← 前のページ→ 次のページ

[区 分] リノベーション, データマネジメント
[環 境] Windows, Linux, UNIX, メインフレーム
[タ グ] ソースコード, データベース, SQL
[P D F] https://www.esector.co.jp/ops/renovation/pdf/cm-001.pdf
[動 画] 

[関 連]
  • 開発及び保守に必要な客観的な統計情報がほしい
  • プログラム実行フロー分析のために、フローチャートを自動生成したい
  • プログラムとDBの関連を分析するCRUD図を自動生成したい
  • アプリケーション保守効率化の為、プログラム構成図を常に最新状態にしておきたい
  • COBOLのプログラムをJava(orC#)のプログラムに置換したい
  • 手作業で行っていたExcelのデータ入力を自動化したい

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ