2020.07.13

cm-002

アプリケーション保守効率化の為、プログラム構成図を常に最新状態にしておきたい

設計書が、現状と乖離しており、プログラム構成の把握に時間がかかっている。
また、ソースコード変更時の影響範囲の把握も難しい。

ソースコードからプログラム構成を自動的に可視化するツールの導入

cm-002
ソースコードが保存されているフォルダを指定して解析を実行すると、アプリケーション及び、そこから呼び出されているDBスキマーに至るまでの変更影響分析を自動的に実施し、以下のような関連マップを表示します。
<関連マップの例>
「画面からDBテーブルまでの関連性の可視化、アプリケーションとDBの構造情報の可視化」など

これにより、現状の可視化(AS-IS分析)が素早く行え、ソースコードの変更によって影響をうける範囲も特定されるため、工数削減や、また品質向上にもつながります。

ソースコードからプログラム構成を自動的に可視化するツールを導入する。
これにより、工数削減や、また品質向上にもつながります。


ChangeMiner


← 前のページ→ 次のページ

[区 分] リノベーション, データマネジメント
[環 境] Windows, Linux, UNIX, メインフレーム
[タ グ] ソースコード, データベース, AS-IS分析
[P D F] https://www.esector.co.jp/ops/renovation/pdf/cm-002.pdf
[動 画] 

[関 連]
  • 開発及び保守に必要な客観的な統計情報がほしい
  • プログラム実行フロー分析のために、フローチャートを自動生成したい
  • プログラムとDBの関連を分析するCRUD図を自動生成したい
  • アプリケーション保守効率化の為、CRUD図を常に最新の状態にしたい
  • COBOLのプログラムをJava(orC#)のプログラムに置換したい
  • 手作業で行っていたExcelのデータ入力を自動化したい

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ