2021.04.14

cm-005

開発及び保守に必要な客観的な統計情報がほしい

アプリケーションの複雑度や、変更の推移など、客観的な見方による統計情報によって、開発や保守において、資源の使用状況などを判断したい。

各種のメトリック情報を、ビジュアルなグラフなどにより分かりやすく出力することにより、開発や保守をしている業務アプリケーションについて、客観的な現況が把握できます。

cm-005
アプリケーションや、DBなどの資産統計、及び変更推移がわかります。
国際標準基づいた規模や、複雑度メトリック、ファンクションポイントなどで可視化できます。
非呼出プログラム/テーブル、不在テーブル、呼出頻度など、資源の使用現況も一目で分かります。

国際標準に基づいた統計情報を出力できるので、アプリケーションなどの現況把握が、客観的に行えます。


ChangeMiner


← 前のページ

[区 分] リノベーション
[環 境] Windows, Linux, UNIX, メインフレーム
[タ グ] アプリケーション, データベース,メトリック情報
[P D F] https://www.esector.co.jp/ops/renovation/pdf/cm-005.pdf
[動 画] 

[関 連]
  • プログラム実行フロー分析のために、フローチャートを自動生成したい
  • プログラムとDBの関連を分析するCRUD図を自動生成したい
  • アプリケーション保守効率化の為、プログラム構成図を常に最新状態にしておきたい
  • アプリケーション保守効率化の為、CRUD図を常に最新の状態にしたい
  • COBOLのプログラムをJava(orC#)のプログラムに置換したい
  • 手作業で行っていたExcelのデータ入力を自動化したい

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ