2020.08.11

sm-004

スマホやUSBトークンを携帯せずにワンタイムパスワードを運用したい

ワンタイムパスワードはセキュリティを確保する上で有効ですが、そのためにUSBトークンを携帯させたり、スマートフォンによるソフトウェアトークンを立ち上げたりするのは面倒なので、もっとシンプルにしたい。

マトリクス認証を使用すれば、USBトークンなどの物理的に乱数を発生させる機器を別途用意することなく、毎回パスワードの入力画面の下に、マトリクス表(乱数表)が表示されるので、別の画面や、物理トークンなどに目線を移すことなく、簡単にワンタイムパスワードの認証操作ができます。

sm-004
マトリクス表から導き出されるパスワードは、記憶しておいた場所と順番のパターンに沿って、その位置にある数字を見ながら転記するだけです。
これにより、定期的なパスワード変更のために長いパスワードを覚え直す負担がなくなります。

乱数表を使用したマトリクス認証を使用すれば、ワンタイムパスワード表示のために別の機器を携帯する負担が減り、より簡単に操作できます。


SECUREMATRIX


← 前のページ→ 次のページ

[区 分] セキュリティ
[環 境] Windows, iOS, Android
[タ グ] ワンタイムパスワード, 2要素認証

[関 連]
  • 許可された機器のみ使用できるように認証時にアクセス制限をしたい
  • SalesforceやOffice 365等、様々なシステムにシングルサインオンできる仕組みを構築したい
  • 社内VPN接続時に認証を強化したい
  • 頻繁なパスワード変更に悩まされることなく簡単にログインしたい
  • テレワークで使用するPCのログオン状況を監視したい
  • テレワークでPC操作のセキュリティポリシーを適用したい
  • PCの稼働状況や違反件数を集計してグラフ化したい

  • ▼お客様の課題に対するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ