簡単導入「どこでも」化、日頃お使いの端末がシンクライアント化・・・。インストールするだけで全ての操作履歴が取得でき、従業員に対する設定変更等の指示も不要です。クライアントはWindowsPCだけでなく、MacintoshPCやスマートフォンなどにも対応しています。GO-Globalはこれまでのシンクライアント製品のイメージを覆す手軽さや快適さを体感できます。

機能概要・特徴

GO-Globalはサーバ・ベース・コンピューティング(SBC)方式のシンクライアント製品で、アプリケーション実行やデータ入力などをすべてサーバ側で実行し、その結果画面(描画命令)を各クライアント端末に配信する技術を使用したミドルウェアです。

GO-Globalのクライアントには処理を行ったデータを残しませんので、社内だけでなく社外からの利用にも安全に行うことが可能となります。ソフトウェアバージョン管理を含めた資産管理や、アップデート作業等が必要なくなりますので、「端末管理・運用の効率化」や「ソフトウェアの一元管理」などを実現します。

Point 1 導入構成がシンプル

ご使用されるシステムの経路上にGO-Globalサーバを設置するだけで、簡単にシンクライアント環境が構築できます。

導入構成がシンプル

Point 2 画面描画技術

独自の画面描画技術「API Wrapping」により快適なシンクライアント環境が実現。今までのシンクライアント製品の懸念点であった画面描画の遅さを解消!

画面描画技術

「API Wrapping」はサーバー上でアプリケーションが描画した命令(API)をそのままクライアントへ転送し、クライアントはその命令内容に従って忠実に描画を再現しております。そのため、描画命令のための転送量が少ないので、多くのネットワーク帯域を必要とせず、さらにアプリケーションの意図とした描画を忠実に表示する事が可能です。

Point 3 シンクライアントの利用環境を問いません

クライアント端末の対応機種が幅広くWindowsやMacOSやLinuxはもちろん、タブレット/スマートフォンのiOSやAndroidにも対応しています。事前に専用端末を準備する必要がないので、社外や自宅などのお手持ちの端末からアクセスすることができます。
※ご利用できる環境については、下記「動作環境」をご確認ください。

シンクライアントの利用環境を問いません

利用例

移動経費・時間の削減とBYODの実現

今まで社内の業務連絡等の課題として、社員の勤怠管理や業務連絡等を行う為に情報機密の関係上、定期的に社内に帰社してもらい、共用PCで入力や閲覧作業を行っていました。そのため、会社側としては従業員数が多くなると帰社の為に使用する移動経費が多く発生していました。また、社員側としては顧客先業務が多忙な状況で頻繁に社内に戻る事は難しいので、社外や顧客先から社内のシステムにアクセスできる仕組みを求められていました。そこで、GO-Globalサーバを設置する事で、社外の端末内にデータを残す事無く社内システムにアクセスする事が出来、さらに手持ちのスマートフォン・タブレットからでもアクセスできるので、いつでも社内情報の閲覧や入力作業をする事が可能になります。 このことで移動経費の削減だけでなく、従業員の移動時間削減と、パンデミックや災害時の業務遂行などを考慮したBYODの実現が可能となりました。

利用例1

端末台数の削減

従来、電子カルテを導入している病院では、電子カルテシステムのLANのセキュリティの問題でインターネットへの接続はできませんでした。そのため電子カルテを見るための端末ではインターネットに接続することが出来ず、接続するには別の端末を用意しなくてはなりませんでした。その為端末を別で用意する必要があり、利便性と費用面でとても障害になっておりました。そこで、GO-Globalサーバを電子カルテサーバのLAN内に設置しGO-Globalサーバを経由してインターネットに接続することで、使用する端末を分けることなく使用することができ、端末へは画像イメージしか飛ばない為、安全にインターネットに接続することが可能になります。各機能を端末一台に集約することで、導入コストや管理コストを削減することができます。さらに、万一インターネット経由でコンピュータウイルス等が侵入してきても、被害に遭うのはGO-Globalサーバのみなので、Net上からGO-Globalサーバだけを切り離せば院内システムの二次感染(電子カルテ用端末のウイルス感染やデータ流出)を防ぐ事が出来ます。

利用例2

IoT(Internet of Things)の実現

店舗等のメンテナンスを行っている某会社では、店舗内の電力制御等は店舗内に設置している監視端末内で監視と操作を行っています。機器の異常等が発生した場合や、夏季や冬季のデマンドコントロール(電力ピークカット)を行う場合、メンテナンス会社に都度電話連絡を行い、担当者が現場に向かった後、監視端末で対応を行っていました。そのため、状況によっては緊急性が高い物もあるため、担当者が遠地にいる場合、時間との勝負になっていました。そこで、GO-Globalサーバを設置する事で、機器・設備の異常時に担当者のスマートフォンから監視端末にリモートコントロールが行えるので、今までの移動時間を短縮して迅速な対応を行う事が可能となります。さらにオペレータが監視画面の常時監視を行う事で、機器・設備の兆候や消費電力(デマンド値)の状況をいち早く把握し、担当者に事前対応させることも可能となりました。

利用例3

動作環境

GO-Global OS製品別マトリックス

動作環境1

動作環境1

*その他のバージョンにつきましては、西日本事業グループ「お問合せフォーム」 よりお問い合わせください

連携製品

日本ナレッジ株式会社のログ収集製品です。WindowsOS上での様々な操作履歴ログを生成・取得する製品です。シンクライアント環境に特化した独自のログ取得技術により、GO-Globalサーバへ負荷をかけずにユーザ単位のアプリケーション利用、WEBアクセス、通信履歴等の操作履歴などを詳細に記録します。さらに「録画オプション」を付加する事で、GO-Global内の各ユーザ操作を録画し、実操作内容を再現することが可能となり、メンテナンス業務など従来のテキストログでは補完出来なかった、細かな操作証跡なども動画で管理することが出来ます。

IVEX Logger Series

PassLogic

パスロジ株式会社のワンタイムパスワードです。PassLogicはトークン(パスワード発生装置)が不要で実現できるワンタイムパスワード(使い捨てパスワード)製品です。ワンタイムパスワードは、一般的なパスワードとは異なり、ログインごとに別のパスワードを生成して繰り返し同じパスワードを使わないので、セキュリティを高めることができます。GO-Globalとの連携としては、ログイン認証として使う事が出来るので、PassLogicで認証されない限りGO-Globalへのアクセスを許可させない様に出来ます。

PassLogic


お問合せ