insnet-sol_eyecatch



INS-pic-00-1 INS-pic-00-2


INS-pic-01-1
INSネット ディジタル通信モード(*1)は、2024年1月にサービス終了となります

東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社(以下、NTT)は、PSTN (Public Switched Telephone Network:公衆電話交換回線網(加入電話及びINSネット))からIP網への移行を発表しました。
基本的な音声サービスは提供を継続するものの、提供が困難なサービスや利用者の減少が見込まれるサービスは提供を終了する考えで、INSネット ディジタル通信モードもサービス終了となります。
(*1)INSネット ディジタル通信モード:電話回線を介して、デジタル通信・パケット通信が可能なサービス

INS-pic-01-2




INS-pic-02-1
INSネット ディジタル通信モードは、幅広い用途で利用されております

多くの企業でエレクトロニックバンキング(振込や口座照会など企業向け決済サービス)やEDI(商品や部品の受発注、配送状況の送受信など電子商取引)など、幅広い用途で ISDNが利用されています。


INS-pic-02-2




INS-pic-03-1
補完策は変換装置を要し、通信の遅れ(4~10倍)が懸念されています

NTTは、既存の端末を継続利用できる「メタルIP電話上のデータ通信」(補完策)を提供する予定で、これは送受信の際に変換装置によってデータ変換を行い、IP網へ接続する仕組みになります。
このデータ変換に伴い、4~10倍程度も通信の遅れが発生することが判明しており、例えば決済が翌日に持ち 越されるなど、業務への影響が懸念されております。


INS-pic-03-2




INS-pic-04-1
代表的な2つのパターンを想定し、代替ソリューションをご提案します


INS-pic-04-2 INS-pic-04-3




① INS回線でHULFTを利用している場合

INS-pic-04-2-s

HULFT-WebConnect なら、従来の運用を変更しないでインターネット回線に移行が可能!




② INS回線でFTPを利用している場合

INS-pic-04-3-s

HULFT-WebFileTransfer なら、ブラウザからの簡単操作でセキュアなファイル転送が可能!




INS-pic-05-1

インターネット経由ファイル連携サービス

接続先(お取引先や海外拠点など)とHULFTによるファイル転送をインターネット経由で簡単に始められるファイル連携サービスです。接続先にHULFTがない場合でも、安全・安心なファイル転送をインターネット経由で実行できます。

セキュァWebデータ連携ミドルウェア

HULFTを導入できない相手先にHULFT連携でデータ集配信ができる!媒体や紙を使ったデータ受け渡しをやめ、取引先、海外拠点、 事業所等多くの相手先へのデータ集配信を自動化できます。


 INSネット代替ソリューション 動画


(YouTube 2分32秒:BGM、ナレーション有)




【関連ページ】

▼INSネット終了に伴う代替ソリューション関するご相談は、お気軽にお問合せください お問合せ