対策 ① エンドポイント・プロテクション ② クライアント操作ログ管理 ③ 特権ID管理 ④ ディスク暗号化
4つの対策
多くの企業に脅威をもたらすサイバー攻撃は、日々高度化し拡大を続け、更に巧妙化してきております。

そんな中、コロナ禍によって在宅勤務を余儀なくされた環境変化によって、テレワークによる業務があたり前になってくると、従来のゲートウェイ型のセキュリティ対策で社内システムを守る手法だけでは、リモートワークで使用が増大するPC等のセキュリティに不安が残り、早急な対応が必要です。
ランサムウェアに代表される標的型攻撃は、日々被害が増える一方でその手法は高度化されてきているため、適切なエンドポイントのセキュリティ対策が求められます。

エンドポイントに対する サイバー攻撃対策はお済ですか?


エンドポイントとは、ネットワーク上の末端、つまりPCやスマートフォンなど、業務処理を行うための端末デバイスを指します。ゲートウェイセキュリティが、社内と外部ネットワークの間の関所の役割で、不正な通信を監視し防御する方式に対し、エンドポイントセキュリティは、PCなどの端末そのものに対して行うセキュリティ対策となります。
サイバー攻撃の種類 (身代金要求型ウイルス)
  ・ランサムウェアによる被害
  ・標的型攻撃による機密情報の窃取
  ・ビジネスメール詐欺による金銭被害
  ・外部からの不正アクセス
【攻撃例】
エンドポイント図2


イーセクターでは、このエンドポイントセキュリティとして、4つの対策ソリューションをお勧めします。

エンドポイント図
エンドポイントセキュリティの要である、アンチウイルスはもちろん、各種パッチの更新管理や、URLフィルタリングなどを一元的に管理します。 その上で、クライアント操作ログを監視し、特権IDの使用者も厳重に管理します。 そして、万が一の情報漏洩に備え、ディスクの暗号化を推奨します。





(記載されている会社名、製品名またはサービス名は各社の商標または登録商標です)
① エンドポイント・プロテクション 


■エンドポイントセキュリティ対策について、イーセクターへお気軽にご相談ください。
お問合せ