2019.12.06

サイバーセキュリティ経営の重要項目

PDF

経済産業省より、企業の経営者、セキュリティ対策責任者、およびセキュリティ担当者に向けて、企業がITの利活用を推進していく中で、経営者が認識すべきサイバーセキュリティに関する原則や、取り組むべき項目について取りまとめた「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が策定され、その解説書もIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)より公開されています。

サイバーセキュリティ経営の重要項目
このガイドラインでは、経営者は3 原則を認識して、対策を進めることが重要だとしています。
 (1) 経営者は、サイバーセキュリティリスクを認識し、リーダーシップによって対策を進めることが必要
 (2) ビジネスパートナーや委託先も含めたサプライチェーンに対するセキュリティ対策が必要
 (3) サイバーセキュリティリスクや対策に係る情報開示など、関係者との適切なコミュニケーションが必要

そして、経営者が具体的にCISO(Chief Information Security Officer)等のセキュリティ対策の実施に責任を持つ立場の人に対し、どのような指示を与えるのかを10 項目あげています。
まず、経営者がリーダーシップをとったセキュリティ対策の推進をするための、セキュリティリスクの管理体制の構築、リスクの特定と対策の実装、インシデント発生に備えた体制構築までが1 ~ 8 の指示で、残り2 つが、サプライチェーンセキュリティ対策の推進と、ステークホルダーを含めた関係者とのコミュニケーションの推進の指示になります。
IPAでは、「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0 実践のためのプラクティス集」も公開しており、具体的な例をもとに実践のステップ、実践内容を各指示に照らし合わせ、多くのプラクティスとして解説しています。このプラクティス集では、ページごとに一番上に読むべき対象者が色分けされているので、効率的に活用できます。
また、「インシデント発生時に組織内で整理しておくべき事項」も、エクセルのファイル形式で公開されているので、セキュリティインシデントが見つかった場合に、チェックすべき項目として再確認ができます。
サイバーセキュリティ経営ガイドラインでは、Ver2.0への改訂に伴い、経営者が適切なセキュリティ投資を行わずに社会に対して損害を与えてしまった場合、 経営責任のみならず、法的責任が問われる可能性があるとしています。

企業の経営者は、サイバー攻撃の脅威は、経営課題として経営層が率先して取り組む必要があることを、このガイドラインを通じて再認識すべきでしょう。
サイバーセキュリティ強化を推進していく上で、政府の戦略を理解しておくことは、企業にとっても重要となります。


← 前のページ→ 次のページ

[タグ] サイバー 用語

[関連]


▼業務自動化やセキュリティ対策に関するご相談は、お気軽にお問合せください RPA概説お問合せ
*[豆知識]に関するご意見・ご要望は、ESrabbit@cec-ltd.co.jp へお問合せください。(編集担当:春日井)