1. ホーム »
  2. 事例一覧 »
  3. MASKAMBLE

MASKAMBLE
マスカンブル

MASKAMBLE製品ページを見る

擬似データで情報漏洩対策

企業概要

生保系会社A  外資系、グループ資産30兆円以上

導入背景 / 課題

A社では多数のサービス品目があり、品目の更新、価格改定等でプログラムの改訂が多発している。
各開発においてはテスト工程で実データを利用する要求が多いが、開発には下請け会社も参加しているため情報漏洩の観点から、実データの貸し出しは行うことができないルールとなっている。しかしながら、実データを利用しない開発ではテスト工程において十分な検証ができないため、工程の確実性と機密性を兼ね備えた対策にせまられていた。

解決策

MASKAMBLEのスクランブル機能を採用し、実データを擬似データとして加工して貸し出すことを検討し実用化した。なお、擬似データの生成ではリアル変換を採用しデータ自身を名前や住所として認識させることができるようにした。

MASKAMBLE解決策

導入の効果

  • ※ホームページを見たとお伝えください。
  • お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ