iDoperation SC

情報漏えいや不正アクセスを防ぐには、ID、パスワード、アクセス権限、ログなどの管理が重要です。とりわけシステム全体のセキュリティに関わる「特権ID管理」は最重要課題です。

 負担を増やさず、確実に監査指摘をクリア!
 申請から監査まで特権ID管理を中心としたIT統制対策!

iDoperation SC

機能概要・特徴

特権ID管理ソリューション

企業にとって重要な情報への入口である「ID」。
その中でも、強力な権限を持つIDである「特権ID(rootやadministratorなどのID)」は厳格な管理が求められています。特権IDのあいまいな管理は、大きな情報漏えい事件・事故に繋がる可能性があるので要注意です!

特権ID管理に必要なものがすべて揃います

iDoperationの基本機能

アイディオペレーションの基本機能

iDoperation導入メリット

アイディオペレーション導入メリット

利用例①:毎月のパスワード変更作業

毎月のパスワード変更作業

クリックすると拡大表示しますクリックすると拡大表示します。(別窓が開きます。)

ポイント

利用例②:定期的な利用者の棚卸し作業(*台帳と実利用者との比較)

定期的な利用者の棚卸し作業

クリックすると拡大表示しますクリックすると拡大表示します。(別窓が開きます。)

ポイント

利用例③:定期的なアクセス権限の棚卸し

定期的な利用者の棚卸し作業

クリックすると拡大表示しますクリックすると拡大表示します。(別窓が開きます。)

ポイント

利用例④:アカウントの一括登録作業

アカウントの一括登録作業

クリックすると拡大表示しますクリックすると拡大表示します。(別窓が開きます。)

ポイント

利用例⑤:共有IDの利用者を特定する方法

共有IDの利用者を特定する方法

クリックすると拡大表示しますクリックすると拡大表示します。(別窓が開きます。)

ポイント

利用例⑥:毎日の特権利用の監査作業(*利用申請書とアクセスログの突合せ)

毎日の特権利用の監査作業

クリックすると拡大表示しますクリックすると拡大表示します。(別窓が開きます。)

ポイント

導入モデル

お客様のニーズに合わせて、必要なプロセスを組み合わせたモデルを選択して導入できます。
詳しくはご相談ください。

動作環境


■ ID管理対象
OS Windows、IBM AIX、Oracle Solaris、HP-UX、Red Hat Enterprise Linux
Directory Microsoft Active Directory、Novell eDirectory、Sun Java System Directory Server、Open LDAP
DB Oracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQL
NW機器 Cisco IOS
※ ID管理対象にリモートアクセスできることが前提となります。

■ iDoeration IM(ID管理)
OS Windows Server 2008R2/2012/2012R2
データベース SQL Server2012  無償版のエディション(express edition)を利用可能
※iDoperationを使用する上での影響:
利用可能なCPU=1基、利用可能なメモリ=1GB、DBサイズ10GB
小規模(5台~)、サーバ
分離型時動作環境
Intel Xeon プロセッサ 2.5GHz 相当を想定
CPU:1コア
メモリ:4GB
ハードディスク:アプリケーション、作業領域等の合計50GB
:DB、データ領域の合計20GB(※)
※管理対象サーバ1台あたりの特権ID 10アカウント × 5台 × PW変更間隔 6か月 × SSO利用者 10名 x 5年保存で算出

■ iDoperation AC(アクセス制御)
OS Windows Vista/7/8/8.1
Windows Server 2008/2008R2/2012/2012R2
アプリケーション Remote Desktop
Tera Term Pro
WinSCP
FFFTP

■ iDoperation LG(監査ログ)
OS Windows Server 2008R2/2012/2012R2
データベース 独自DB
小規模(5台~)、サーバ
分離型時動作環境
メモリ:4GB
ハードディスク:アプリケーション、作業領域等の合計60GB
:DB、データ領域の合計50GB(※)
※管理対象サーバ1台あたりの1日のログ 15MB x 5台 x 圧縮率90%(1/10) x 5年保存で算出

■ iDoperation WF(申請承認)
OS Windows Server 2008R2/2012/2012R2
データベース SQL Server2008 R2
SQL Server2012
SQL Server2012の場合は、Active Directory への参加が必須
※iDoperationを使用する上での影響:
利用可能なCPU=1基、利用可能なメモリ=1GB、DBサイズ10GB
小規模(5台~)、サーバ
分離型時動作環境
Intel Xeon プロセッサ 2.5GHz 相当を想定
CPU:4コア
メモリ:8GB
ハードディスク:アプリケーション、作業領域等の合計180GB
:DB、データ領域の合計20GB(※)
※1日の申請数 5通(承認段数1段) × 帳票サイズ1.5MB(添付ファイルなし) x 5年保存で算出

操作録画システム

ユーザの行動記録をビデオとして記録するログ監査ツールです。
サーバ、デスクトップ内の、ユーザ操作を全てビデオで記録し、証跡として残します。


お問合せ