イメージ

マルチメーカー対応の複合機スキャンサービス「SmartSESAME MultiScan!(スマートセサミ マルチスキャン)」と開発型RPAツールのROBOWARE(ロボウェア)を利用した、セキュアなOCR読取からドキュメント管理、そしてRPAによるETLツール連携、業務系アプリ連携までのシステム連携ソリューションです。


SmartSESAME MultiScan! & ROBOWARE システム連携ソリューション

pic-1

豊富な導入実績を持つマルチメーカー対応の複合機スキャンサービス MultiScan!は、統合ドキュメント管理ツールとして開発されましたが、データのOCR取込から同じSmartSESAMEシリーズのSecurePrint!との連動で印刷までをセキュアな環境で実現する利便性が評価され、OCRソリューションとして300以上の自治体や企業に導入されています。
MultiScan!は、様々なメーカーの複合機に対応して、各種のOCRやドキュメント管理、クラウドストレージなどとAPIによって結合できるフレームワークとなります。

SmartSESAME MultiScan! & ROBOWARE システム連携ソリューションは、OCR読取からドキュメント管理、そしてSecurePrint!と組み合わせてサテライト環境での印刷までをカバーするセキュアなドキュメント管理フレームワークであるSmartSESAMEと、開発型RPAツールであるROBOWAREによる業務アプリ連携、基幹システム連携を合わせた統合的なドキュメント連携ソリューションです。


OCR導入の際のチェックポイント

pic-2
Step1:OCR種類 
各種OCRには、定型、非定型対応、活字、手書き、多言語、サイン認識とそれぞれに得意分野を持つOCRエンジンが存在し、OCRの種類によって得意不得意の分野があります。また、テンプレートを作成する際のエリア認識機能や、読取精度の向上にAIを活用したAI-OCRも存在します。よって、業務に最適なOCRの選択が必要です。

Step2:突合作業 
これらのOCRエンジンを使ってテキスト化した後に、通常であれば人間の目検による突合作業が重要なチェック作業となります。この際にも、例えば個人情報のようなプライバシーに該当するデータは、名前、住所、電話番号などを分割して突合作業を行い、事後に再結合する必要もあり、この手間がかかる部分を少しでも自動化する必要があります。
また、突合作業が完了したデータも半角、全角成形作業や表記方法の統一などの作業は、 DataSpider ServistaなどのEAI/ETLツールを用いればデータの編集も楽になります。この部分も自動化しなければ、OCRエンジンだけでは、業務の一部しか効率化されません。

Step3:システム連携 
OCRによって、CSV形式などにテキスト化されたデータは、各部門のファイルサーバに格納されたり、業務アプリへ登録されたり、基幹システムで処理されたりします。こうした様々な連携処理も、ROBOWAREのソフトウェアロボットが、業務担当者の代わりに作業を代行してくれます。



OCR+RPAデモ動画   SmartSESAME MultiScan! & ROBOWARE

住民票の写しを申請する自治体業務を想定したデモです。一般企業の手書き用紙を取り扱う業務にも、応用できます。
本来申請用紙の内容を業務担当者が目で見て自身でキーボードより手入力していた申請用アプリの登録と、住民票のプリントの作業について、MultiScan!のOCRオプションを利用して、担当者は複合機で申請書をスキャンするだけで、OCRが手書き文字をテキストデータに変換し、そのデータを元にROBOWAREが、申請用のアプリを立ち上げ自動登録し、確認後プリントするというシナリオです。
登録データの内容を確認しやすいように、ROBOWAREは、申請用紙の画像とアプリの登録画面を左右に並べて表示するため、業務担当者は、確認してOKボタンを押すだけで済みます。

このデモを参考にすれば、一般企業においても、MultiScan!によって、様々なメーカーの複合機の環境にて、手書きデータをその業務アプリに登録したり、印刷する作業まで自動化ができ、加えてROBOWAREで、可能な限りデータチェックや、エラー対処の処理を組み込めば、大量の手書き業務の圧倒的な効率化が期待できます。
pic-3
デモ動画では詳しく表現されていませんが、ROBOWAREで住所マスタとのチェックも内部的に行えます。


【関連プロダクト】

 ROBOWARE(ロボウェア) 業務プロセス全体の自動化


roboware

人の操作を完全に自動化 - 業務自動化の切り札

ROBOWARE図

人の作業を代行するソフトウェアロボットです。
主にPC操作のUI部分をアナライザーを使って、APIで簡単に自動化します。
ロボットへの指示は、Ruby、PHP、Java、C#で開発できるため、あらゆるアプリケーションやAI、IoTなどと連携が可能です。
RPA2.0の開発の要となるソフトウェアで、様々なアプリケーションやツールとの連携や、ロボット間の連携が可能です。
PC操作を自動化する操作記録型のQuickROBOオプションもあります。

 SmartSESAMEシリーズ(スマートセサミ) インプット/アウトプットプロセスの自動化

SmartSESAMI

複数メーカーのプリンター複合機からのスキャン、印刷を効率化

SmartSESAMI図
Multiscan図

紙の書類をスキャンと同時にOCR処理が可能なため、複合機メーカーや機種を意識することなく、簡単な操作で編集可能な電子データに変換できます。


Sequreprint図

ICカードで、セキュアなプリントを実現し、複合機・プリンター管理負担を軽減し、ユーザーの利便性を向上します。

 DataSpider Servista(データスパイダー サービスタ) データ連携の自動化

DataSpider Servista

異なるシステムの様々なデータやアプリケーションを簡単連携

DataSpider Servista図

異なるシステムの様々なデータやアプリケーションを、豊富なアダプタを使って自由につなぐ、データ連携ツールです。 システムごとのデータ連携作業は、専門的な技術や知識の必要もなく、ドラッグ&ドロップで簡単に各システムの連携が可能です。
大容量のデータに対応し、高速なパフォーマンスを実現します。外部からの呼び出しにも対応し、多種多様なシステムに接続可能なため、クラウド連携などにも有効です。



【RPA関連ページ】
RPA2.0 業務プロセス自働化
OCR連携RPAソリューション
RPAセキュリティ対策ソリューション
RPAセキュリティ-統合ログ管理ソリューション
2019.02.07RPAセミナー開催報告



RPA
RPA
ソフトウェアロボットの作り方
AI搭載を見据えたRPAの実装方法とは?
RPA2.0を加速するソフトウェアロボット開発
RPAの盲点ITガバナンスの重要性
無人運転を実現するRPAのシステム開発
RPA2.0 実現に必要な4つの要素
セキュリテイ強化したRPAのロボット開発
RPAが必要とするログ管理とは?


▼RPAに関するご相談は、お気軽にお問合せください RPA概説お問合せ
*現在、お問合せフォームより、RPA概説(総集編①~⑥)の印刷した冊子のプレゼントを受付ております。(在庫が無くなり次第終了いたします)