metaminer

MetaMinerは、データ標準化とメタデータのリポジトリの構築に必要なあらゆる機能を提供する「全社メタデータ管理ソリューション」です。
データ資産に対する適切な管理システムなしでは正確な情報を適時に提供することはできません。MetaMinerはデータの一貫性確保、データ活用及びアクセス性の向上を支援します。

MetaMinerイメージ

機能概要・特徴

MetaMinerは中央メタデータリポジトリを基盤とするデータ辞書、データ構造とモデリング情報、及び変更影響と管理ワークフローを提供します。DBA、DA、そして開発者は全社データ資産に対する構造的品質確保、業務担当者との円滑なコミュニケーションが期待できます。

MetaMiner機能概要

機能

メタデータは企業の全てのITとビジネス情報資産の出処、位置、定義、構造、他の情報資産との関連性などを意味します。MetaMinerは企業情報資産に対するメタデータの生成から使用、フロー、消滅までのデータライフサイクル及び各種情報間の関連関係を体系的に提供することでメタデータがより早く正確な必須情報を抽出して活用できるようにします。

データ標準管理 ドメイン、コード、禁止語などデータ標準の詳細を管理するデータ辞書を提供します。
データ構造管理 異機種DBMSのメタデータと多様なケースツールのモデリング情報を収集します。ユーザーは統合された単一のリポジトリからすべての情報が照会できます。
データフロー情報と影響分析 ソースとターゲット間のデータフローを視覚的に提供します。標準遵守状況、アラインメント、モデル類似度などの機能で変更影響分析情報を提供します。
ワークフロー管理 メタデータのライフサイクル管理のために最適のワークフローを支援します。
レポートと管理ツール XML基盤の多様なレポートテンプレートを提供し、スケジューラ、DB接続情報管理などのシステム管理機能を提供します。

特徴

データ自動点検及び診断 設計と不一致しているデータ及び非標準データに対して周期的にモニタリングして、自動で非正常データに対する情報を導出します。またバージョン間の不一致データに対してオブジェクト別の内訳を点検することができます。
変更影響分析及び
データ定義遵守チェック 、
データディクショナリ遵守チェック
データ変更に対する影響度分析からデータベース、モデルデータに対するデータ定義遵守チェック 、データディクショナリ遵守チェックを通じて最上のデータ分析及び管理機能を適用します。
収集自動化 JDBC、ODBC、FTPなどを利用して各種データベースまたは特定ファイル情報を自動で収集、分析します。
多国語支援 韓国語、日本語、英語などの多様な言語を支援します。全ての言語バージョンで三つの言語のデータを同時に照会できるようになります。
プレートフォーム独立性 MetaMinerサーバはUnix、Windows、Linuxなど多様なプレートフォームでインストール及び運用できます。

導入効果

データガバナンス MetaMinerはデータ標準化プロセスによって全社レベルでメタデータを標準化し、その後のデータモデリングの際には標準化されたメタデータだけを使用するようにシステム的にコントロールします。非標準化データはシステムから拒否されるので、全社的なデータガバナンスが実現できます。
情報共有 個別システムに存在するすべてのメタデータを統合して管理するので、データ共有と組織のコラボレーションを向上できます。
データフローの可視化 業務間のデータフローを可視化します。これにより、管理者と開発者はシステム間の相互関係が確認でき、効率的なデータアーキテクチャーを樹立できます。

お問合せ