P-Pointer File Security

増大するサイバー攻撃によって、情報漏洩に対するリスクが高まっております。
巧妙化する標的型攻撃から個人情報を守るためには、個人情報をどこに、どのように保管すべきかセキュリティポリシーに沿ったルールを決め、それを徹底するための監視が必要になります。
また、ルールに反した場所にある個人情報は、適切な場所に移動するか削除する対処が必要です。そうした管理は、手作業で日々行うことは面倒であるばかりでなく、リスクも伴います。
P-Pointer File Securityは、個人情報の保管ルールに違反しているファイルを探し出し、ルール通りの対処を自動で施す新しいコンセプトの個人情報検出、管理ソリューションです。

機能概要・特徴

P-Pointer File Securityは、PCやファイルサーバ内から様々な検索条件で個人情報等を検出しファイル名はもちろん、ファイルパスや、ファイルの属性などをリストアップできます。検出されたファイルを自動で特定のフォルダに移動したり、削除したりすることで、工数をかけず個人情報の管理を行うことができます。

P-Pointer File Security の3つのステップ

① 個人情報の高速検出

P-Pointer File Securityは、PCやファイルサーバを対象に個人情報等を豊富な検索条件にて高速に検索でき、差分・リアルタイムスキャンなどの機能があります。

探索-図

② ルール徹底のための対処

P-Pointer File Securityは、セキュリティポリシーに従い、個人情報を保管してはいけない場所から、個人情報のファイルを指定されたフォルダへ、移動あるいは削除を実施します。
条件によって、自動的な対処を行うか、あるいは確認をしてから手動で対処するか等を選べます。

対処-図

③ 個人情報の管理

P-Pointer File Securityは、PCやファイルサーバで個人情報ファイルについてのルール違反の状況把握や、どのような対処を行ったかなどを管理できます。

対処-図

管理サーバの機能

1. 詳細な検索条件設定機能

●タスク設定
・スキャン対象領域設定 - フォルダのマクロ指定、UNCパス、ネットワークドライブ指定など
・拡張子設定 - 除外する拡張子を設定(拡張子無しや、拡張子が変更されていても検索可能)
・ファイルサイズ設定 - 検索ファイル上限サイズを設定(無制限も設定可能)
・ルール設定 - 移動、削除、圧縮&パスワード付与(※1)など対処を実施するかを選択
●グループ設定
・PCやサーバを任意のグループに分けてタスクを実行することが可能
●辞書設定
・基本辞書 - 人名(日本人苗字の漢字・半角カナ)、地名・住所(都道府県市区町村)、メールアドレス、 電話番号、クレジットカード(MOD10アルゴリズムチェック)、マイナンバー(個人番号・法人番号- チェックデジット判定)
・ユーザ定義辞書 - 固有の単語、数列パターンを登録可能
・除外辞書 - 検出されたくない単語を登録可能
・フィルタ - 複合条件表示フィルタで、見たい表示に切り替えて結果を見ることが可能
(例: 人名+住所 or 人名+電話番号 など)

2. 実行状況、結果確認

●タスク実行状況の確認
●検出ファイルの確認
  - 各PC、サーバで検出されたファイルの確認
【取得できる情報】:ファイルパス、日時(作成、アクセス、更新)、サイズファイル属性、ファイル作成者、PC名、ドメイン名、ユーザ名、 ファイルアクセス権、ファイルシステム名、ファイルフォーマット
● 結果出力
      - CSV形式で出力
(※1 圧縮&パスワード付与機能は2017年初頭予定)

エージェント機能

1. スキャン機能

●手動検索開始、停止

●検出件数の画面表示

2. 検出結果確認機能

●「検出済みファイル」「未対処ファイル」「後で対処するファイル
(一時保留)」それぞれの検索ルール毎の結果一覧表示

● 「対処済みファイル」と「対処履歴」の一覧表示

3. 対処機能

●手動での「後で対処」、「削除」、「移動」、「除外」

●半手動(承認式の自動対処)

4. 結果出力確認

● タスク毎、グループ毎にCSV形式で出力

個人情報検出の仕組み

辞書

ファイルサーバ上の個人情報ファイル検出

ファイルサーバに散乱する個人情報ファイルを検出し、安全なフォルダへ移動したり、検出結果データを基に、精度の高い個人情報台帳を作成します。

ファイルサーバ上の個人情報ファイル検出

動作環境

管理サーバ
OS Windows 10 / 8.1 / 7 の各エディション
Windows Server 2012 / 2008 R2 SP1以降の各エディション
※64bit版のみ
ソフトウェア .NET Framework 4.0以上
CPU Intel互換1.8GHz相当(2.0GHz以上推奨)
メモリ 4GB以上
HDD 300MB以上の空き容量 + 結果データの容量
※結果データは お客様のデータ保有量によって異なります。
エージェント
OS Windows 10 / 8.1 / 7 / Vistaの各エディション
Windows Server 2012 / 2008 の各エディション
※64bit版、または32bit版
ソフトウェア .NET Framework 4.0以上
CPU Intel互換1.8GHz相当(2.0GHz以上推奨)
メモリ 2GB以上(4GB以上推奨)
HDD 300MB以上の空き容量 + 結果データの容量 +圧縮ファイルの一時展開に使用する領域 
※結果データはお客様のデータ保有量によって異なります
ネットワーク
TCP/IPネットワークを使用

P-Pointerシリーズ

P-Pointer(ピーポインター)シリーズは、PCやファイルサーバ内の、Excel、Word、Powerpoint、CSV、PDF、圧縮ファイルなどファイル内の情報を個人情報を特定するための辞書を使って検索し、個人情報や機密情報を含むファイルを検出し管理する個人情報検出、管理ソリューションです。

PC向け個人情報検出ソフト

PC内の個人情報ファイルを高速で検出する個人情報検出ソフトです。
高度な検出機能と詳細な検索条件設定機能を活用することで、 企業環境に合わせた運用が可能で、インストール不要な実行ファイル形式のため手軽にお使いいただけます。定期的に個人情報の監査を行うことで情報漏洩リスクを低減し、従業員のセキュリティ意識向上にも効果があります。

ファイルサーバ向け個人情報検出ソフト

ファイルサーバ内の個人情報ファイルを高速で検索しレポートする、 リアルタイム検知型の個人情報ファイル検出ソフトです。
膨大な情報が保管されているファイルサーバ内を検索し、どのような個人情報がどこに存在するかを、必要な時にいつでも把握することができるようになり、個人情報ファイルの保管状態を確認し対策することで情報漏洩のリスクを低減します。

P-Pointer EXAの紹介ページ
P-Pointerのマイナンバー制度向けページ

お問合せ